夜更かしばかりだと身長伸びない傾向が強いと言われていますが、本当に夜更かしは子供の成長に悪影響を与えるのでしょうか?

 

睡眠習慣や睡眠不足が子供の身長の伸びに関係ないのか、それとも関係があるのかを医学的視点で説明したいと思います。

 

夜型お子様で慢性的な睡眠不足が続いているなら、生活習慣を改善することはお子様の健康と成長に良い影響を与えますので、しっかり考えてあげてくださいね。

 

夜更かしは子供の身長の伸びに関係ないのか?

 

夜型の生活習慣で過ごし、幼少期から慢性的な睡眠不足で過ごしている子供と、毎日熟睡している子供を比較すれば、どちらの子供の方が身長が伸びやすいのか?

 

疑う余地もなく毎日熟睡している子供です。

 

子供にとって寝ることも大切な仕事で、幼少期に身につけた睡眠習慣が続きますので、小さな頃からよく寝る睡眠習慣を身につけさせてあげるべきでしょう。

 

しかし世の中には夜更かしばかりしていたのに身長伸びたし、最終身長も驚くほど高身長になっている人もいます。

 

だから夜更かしでも身長の高さには関係ないと考えている人もいますが、実際に夜更かしばかりしていると子供の成長にどのような影響が出るのか。

 

この記事で解説しますので、参考にしてくださいね。

 

夜更かしでも成長ホルモン分泌に影響がないのか?

 

第二次性徴期の身長の伸びを決める要素のひとつに、成長ホルモンの分泌量があります。

 

以前は睡眠のゴールデンタイムがあり、22時〜2時に熟睡することで、質の良い成長ホルモンが大量に分泌されると考えられていましたので、夜更かしは身長が伸びないと言われていました。

 

しかし最新の研究では、成長ホルモンが分泌されるのは就寝直後の3時間で、何時に寝ても変わらないことがわかっています。

 

この点だけで言えば、夜更かしでも早寝でも成長ホルモンの分泌量に違いがなく、身長が伸びない原因にならないともいえるでしょう。

 

しかし成長ホルモンは、分泌量を減らしながら一晩中分泌されていますので、数年というスパンで考えると少量の積み重ねでそれなりの分泌量になります。

 

また毎日同じ時間に就寝する規則正しい生活習慣で過ごしたほうが、体内リズムが整い、成長ホルモンも含め様々なホルモンの分泌がスムーズに行われます。

 

成長ホルモンが分泌され、就寝中に細胞の入れ替えが行われますので、分泌量+その後の睡眠時間の長さも骨や筋肉の再生や増殖には必要なこと。

 

夜更かしでも成長ホルモンが分泌されるから、という単眼的な視点で見れば就寝時間は関係ないように思えますが、身体の成長のメカニズムから考えると非常に残念な結果になります。

 

この点だけ考えても、夜更かしするよりも早寝早起きで過ごす方がお子様の成長には良い影響を与えることがわかりますね。

 

夜更かしで睡眠不足が続くと朝食抜きや食欲が減退する

 

子供が成長するためには、普段の食事でどれだけしっかり栄養補給ができるのかということも非常に大切です。

 

夜更かしで寝不足気味だと、朝もなかなか起きられずにギリギリまで寝てしまい、ゆっくり朝食を食べている時間もなくなるでしょう。

 

一日のスタートに食べる朝食はその日の活力の源ですし、成長に必要な栄養補給としても必要なことです。

 

しかし体が起きていない状態では食欲も減退しますし、時間がなくて十分に食べられないということも考えられます。

 

朝食抜きの子供は明らかに学力が低下することもわかっていますし、体の成長においても同じ傾向があることを理解すべきです。

 

最近は小学生や中学生で食事制限を伴うダイエットをしたり、朝食抜きの子供が増えていますので、明らかに良くない傾向にあると考えてください。

 

ただでさえ食材や食品に含まれる栄養素が減少していますし、成長期になると1日3回の食事でも栄養補給が間に合わないので、朝食についてもしっかり考えてあげるべきでしょう。

 

慢性的な夜更かしは子供の早熟傾向を強める

 

夜更かしで子供の身長が伸びにくくなる決定的な理由のひとつに、子供の成長速度があります。

 

早熟型と晩成型の子供がおり、もし同じ遺伝情報をもった子供であれば、早熟型よりも晩成型の方が確実に身長が伸びます。

 

この理由は非常に明確で、早熟型だと骨の骨端線が閉鎖する時期が早くなるから。

 

骨端線が閉鎖してしまうと身長を伸ばす仕組みがなくなるので、必然的に身長の伸びが止まります。

 

日本人と欧米人の平均身長の違いが6〜7cmで、これが成長期の到来時期が1年〜1年半ほど違うことで起こります。

 

日本人などの東洋人は欧米人と比べると早熟傾向の強い民族なので、夜更かしが続き、早熟傾向が強まればさらに身長が伸びない状態になります。

 

慢性的な睡眠不足は性ホルモンの分泌を促進し、性ホルモンの分泌量が一定レベルになると成長期が始まりますので、夜更かしが良くないのは明確でしょう。

 

このことを知っている人は、夜更かし型よりも早寝の睡眠習慣を身につけさせていますので、より身長が伸びやすい傾向にあると考えられます。

 

夜更かしは身長伸びないの記事まとめ

 

このように幼少期から続く睡眠習慣が、子供の成長に様々な悪影響を与えるきっかけになり、身長が伸びにくい子供に育ってしまうと言えます。

 

もちろん夜更かし型で寝不足気味でも、結果として高身長になった人がいることも理解していますが、明らかに後天的に身長が伸びにくくなるきっかけになります。

 

子供の身長を伸ばす要素は、睡眠・食事・運動・遺伝・ストレスと言われていますので、睡眠習慣を見直すメリットは十分にあります。

 

お子様の持つ高身長になる可能性を少しでも高めるためにも、夜更かしを止めて早寝早起きの生活習慣に改善してあげてくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。