ストレス状態が成長ホルモンの分泌量や質に影響を及ぼすことで、子供の低身長の原因になるという噂がありますが本当なのでしょうか。

 

子供の成長とストレスの関係性について、成長ホルモンの分泌に与える影響を中心に徹底検証します。

 

少しでも身長を伸ばしてあげたいのなら、お子様のストレス状態についても考えてあげることが必要ですよ。

ストレスが原因で子供の身長が伸びないことはあるのか?

すでに何度かお話していますが、

子供の身長を伸ばす後天的な要素は、睡眠・運動・食事・ストレス状態という4つですので、ストレス状態は身長の伸びに影響を与えるのは間違いないこと。

 

このあたりのメカニズムを詳しく理解できていないお母さんも多いと思いますので、お子様の身長の伸びにストレスがどんな影響をするのかということについて解説します。

 

ストレスが子供の成長に影響するのは、ストレス状態が成長ホルモンの分泌量や睡眠に対して非常に強い影響力を持っているから。

 

ストレスが強い子供の体内で起こっていることの中でも、身長の伸びに最も悪影響を与えるのは、成長ホルモンの質が低下して、その分泌量も減少してしまう傾向が強まるからです。

 

成長期や思春期の身長の伸びは、成長ホルモンの影響を強く受けますので、その分泌量が減少すれば必然的に身長の伸びも鈍化したり、止まってしまいますよね。

 

慢性的なストレス状態の子供に起こる変化を紹介すると・・・

ストレスが原因でホルモンバランスが乱れる

人間には交感神経と副交感神経のバランスで心身の状態を維持する自律神経があります。

 

交感神経とは主に活性を高める神経のことで、副交感神経とは脳や体を休めるための神経のこと。

 

慢性的なストレス状態は、

交感神経を刺激して、常に交感神経が強く作用するような状態を引き起こしてしまい、それをきっかけに自律神経のバランスが乱れます。

 

交感神経が優位だということは、脳も身体も全くリラックスできずに、常に緊張しているような状況が続くということ。

 

その結果、睡眠に悪影響を与えることで、成長ホルモンの分泌量にも悪影響が出てしまいます。

ストレスによる交感神経が優位な状態が睡眠の質を悪化させる

人間は寝ている間に脳と身体の疲労回復をしたり、細胞の修復や新しい細胞を生みだしています。

 

寝るという行為は人間の健康を維持する上でも非常に大切なことで、熟睡するためにも、交感神経ではなく副交感神経が優位な状態であることが大切です。

 

しかし慢性的なストレス状態では、脳も身体も寝ているはずの睡眠時間でも、全くリラックスできない状態が続いているということ。

 

就寝時に脳がリラックスしていないと、脳下垂体から分泌される成長ホルモンや様々なホルモンの分泌量に悪影響が出ます。

 

分泌量が減少し、その質も低下する。

成長ホルモンがしっかり分泌されなければ、骨が伸びる仕組みが機能しませんので、骨が伸びることも身長が高くなることもありません。

 

就寝時の成長ホルモン分泌量を最大化させるためには、就寝直後の3時間にどれだけ質の高い睡眠を得ることができるのかが非常に大切です。

 

その状態を再現できないということが、子供の身長が伸びる可能性を大幅に低下させ、将来的な低身長のリスクを高めてしまいますので、本当に注意してください。

 

慢性的なストレス状態は子供の身長が伸びにくい環境であることを理解して、少しでもストレスを解消してあげたり、ストレスを溜めすぎないように注意してあげることも大切。

 

では実際に何をすれば、ストレス状態からリラックス状態に改善できるのでしょうか?

自宅でできる簡単なストレス解消方法とは?

ストレス解消法といえば、体を動かしたり好きな音楽を聞いたり、映画を見たりするなど、様々な方法がありますが最も簡単で効果的なのは入浴方法を変えること。

 

38度〜40度の少しぬるめのお湯に15分以上浸かるだけで、副交感神経が優位になりリラックス効果を実感できます。

 

副交感神経が優位になることで、慢性的なストレス状態を改善することができますし、入浴は毎日のことなのでシャワーだけで済まさずに入浴方法を変えてみるのが良いでしょう。

 

42度以上の熱いお湯だと、交感神経が優位になってしまいますので、ぬるま湯に長時間浸かることを意識してください。

 

ぬるま湯でもしっかり使っていれば、冬でも湯冷めすることもなく、体温もしっかり上昇しますので非常におすすめです。

 

さらに入浴することは、血管拡張効果もありますので、酸素や栄養素の運搬や老廃物の排出もスムーズに行われるというメリットも。

 

また深部温度を上昇させると、

その後に深部体温が下がるタイミングで自然と眠気がやってきて寝付きも良くなるというメリットもあるので、身長を伸ばしたい子供にはピッタリのストレス解消法でしょう。

 

入浴は毎日のことですから、

成長期だけではなく、子供の頃から少し長めに入る習慣を身に着けさせてあげると良いと思いますよ。

ストレスが成長ホルモンに影響して低身長の原因になるの記事まとめ

ストレス状態が低身長の原因になるというのは、成長ホルモンに与える影響と睡眠に与える影響を考えると、医学的にも説明できること。

 

幼少期からの睡眠習慣も大切ですし、早寝早起きの生活習慣で睡眠時間を確保することも大切です。

 

日本人は大人も子供も慢性的な睡眠不足が続いている状態なので、少しでもその解消を意識してください。

 

睡眠不足が続けば、子供の早熟化も進んでしまい、さらに身長が伸びにくい状態になってしまいます。

 

子供は大人よりも様々なことでストレスを感じますし、ストレス耐性も低いので、常に発散&解消させることが大切。

 

身長だけではなく、健康状態にも良い影響を与えることはありませんので、ストレス状態を意識してチェックしてあげましょう。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。