身長を伸ばすには縄跳びやエアー縄跳びが効果的という噂がありますが、本当に縄跳びをすることで子供の身長は伸びるのでしょうか。

 

専門家が縄跳びについてどう考えているのかということを踏まえて、子供の身長を伸ばす効果が本当にあるのか徹底検証します。

 

少しでも身長を効率的に伸ばしたいと考えているのなら、縄跳びの効果について本当の事も知っておくべきでしょう。

縄跳びで身長が伸びると噂される理由とは?

縄跳びを毎日すれば身長が効果的に伸びると言われている理由には、いくつか考えられますが、やはり一番の理由は縦方向のジャンプが多いからでしょう。

 

身長を伸ばすためにはジャンプのような縦方向の運動を行うことが有益だと考えられており、縄跳びはジャンプを繰り返す運動なので、効果的に身長が高くなると言われています。

 

確かに骨の骨端線は縦方向の刺激を感じると、細胞分裂が活性化され骨が伸びることで身長も高くなる傾向がありますので、その点は間違えていないでしょう。

 

他にも実際に縄跳びで身長が伸びたとか、エアー縄跳びが効果的だったという口コミが多いのも縄跳びが良いと言われる理由です。

 

そんな縄跳びの効果について、専門家はどのように考えているのでしょうか?

縄跳びの刺激は骨端線にとって十分ではない!

まず医学的な話をすると、

縄跳びによる縦方向の刺激は一時的には効果的ですが、同じ刺激が繰り返される縄跳びでは十分とはいえません。

 

なぜ十分ではないのかといえば、骨端線は同じような刺激が続く場合にはその刺激に慣れてしまい、刺激として感じにくくなるから。

 

縄跳びを始めた時は良い刺激でも、徐々にそれを刺激として感じなくなるので、骨端線の細胞分裂が活性化されにくくなります。

 

骨端線の細胞分裂が活性化されなければ骨が伸びることはないので、縄跳びだけを行うのでは不十分。

 

全く運動をしない人がダイエットや定期的な運動習慣として縄跳びを行うことは多少のメリットになりますが、効率的に身長が伸びるかという点では疑問が残るでしょう。

 

医学的な話をすれば、

縄跳びが子供の身長を効果的に伸ばすという考え方はなく、あくまでも幼児期や学童期に行う運動のひとつという位置づけでしかありません。

ボクサーのトレーニングに縄跳びがある理由とは?

ボクシングのような階級別に別れて行われるスポーツでは、身長が高くなりすぎることはデメリットで、あまり背が伸びるような行為は控えるべきだと言われています。

 

世界的にも有名なボクサーのマイク・タイソンもトレーニングの一環として、縄跳びを行っていました。

 

しかしマイク・タイソンのトレーナーは、身長が伸びないようにランニング時には、おもりを付けて走ることを義務付けていたような人。

 

そんなトレーナーが縄跳びは一切の制限なしに行わせていたことからも、縄跳びで背が伸びるという考え方が間違いだということがわかります。

 

マイク・タイソンのトレーナーは、モハメド・アリのトレーナーを務めていたような人なので、ボクシング界でも体作りのプロ。

 

そんな人が一切の制限なしに縄跳びをさせていたということが、どれだけ激しく縄跳びを行っても身長が伸びないということを裏づけていると思いませんか。

 

医学的にもスポーツ医学的にも、縄跳びに身長を伸ばす効果はないということが、これらのことからも言えると私は考えています。

縄跳びで身長が伸びたという口コミや評判は嘘なのか?

ネット上に溢れる身長が伸びた方法のひとつが縄跳びですし、実際に縄跳びで背が高くなったという口コミや評判も多数あります。

 

実体験した人がいるということは、その口コミや評判に嘘偽りがなければ、本当のことということになりますが、それも嘘の口コミと考えるべきなのでしょうか。

 

この点については、たまたま身長が伸びるタイミングで縄跳びを行っていただけと考えるべきでしょう。

 

成長期や思春期には何もしなくともある程度は身長が急激に伸びますし、縄跳びは運動不足の解消には役立ちます。

 

ぽっちゃり体型や肥満体型は、性成熟を早めてしまい、身長が伸びる期間を短くしたり、身長の伸びを鈍化します。

 

運動としての縄跳びはそれを解消する理由のひとつになりますし、縄跳びで身体を動かすことは、身長が伸びる際に必要な環境を生み出すきっかけにもなります。

 

身体を動かすことで、お腹が空いて食事量が増えれば骨の成長に必要な栄養補給もできますし、疲れて熟睡することで成長ホルモンの分泌量も増えるでしょう。

 

しかしこれらの効果は縄跳びでなくとも、普通に身体を動かしたり、運動を行えば得られるもので、縄跳びだけの特別なものではありません。

 

一般的な医学的にも、スポーツ医学的な視点で考えても、縄跳びだけが持つ身長を伸ばす効果はありませんので、そこは誤解しないように注意しましょう。

縄跳びに子供の身長を伸ばす効果があるという噂の記事まとめ

ネット上には大人になっても縄跳びをすれば身長が伸びるとか、何回すれば身長に効果的だという記事が沢山あります。

 

しかし医学的に考えてしまうと、縄跳びをすることが必ずしも効率的に身長を伸ばす方法だということはできません。

 

運動としての効果はありますが、何回行っても縄跳びは運動のひとつですので、効率的に身長が伸びるということは考えないようにしてください。

 

骨端線に対する刺激を考えても、縄跳びは一時的なもので非常に限定的なもの。

 

縄跳びを使った運動を組み込むということは意味がありますが、縄跳びだけを行って身長を伸ばそうと思わないことが本当に大切ですよ。

 

骨端線は、ジャンプ・ダッシュ・急に止まるなど様々な動きが組み合わされたバスケットボールやバレーボールの練習の方がずっと刺激に感じますので、縄跳びよりも効果的でしょう。

 

ただこれらのスポーツを行えば確実に身長が伸びるということもありませんので、その点も誤解しないようにしてくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。