病気やケガが肉体的にストレスになって、身長が伸びない子供や身長が伸び悩むことがあるという噂がありますが、本当にそうなのでしょうか。

 

病気やケガが子供の成長にどのような悪影響を与える可能性があるのか、肉体的なストレスが成長に与える影響を徹底検証します。

 

普段から健康で過ごすことは、子供の成長にも非常に大切な要素だということがわかりますよ。

病気やケガのストレスが子供の成長に悪影響を与えるのか?

子供が大人になる過程では、病気やケガは通過点のようなものなので、一度も体調を崩さずに大人になることは不可能ですよね。

 

公園や学校で走って転んで、膝を擦りむくなんて日常茶飯事ですし、冬になれば風邪やインフルエンザの流行で、学校を休むこともあるでしょう。

 

どんなに健康に気をつけていても、

寝込むほどではなくても、体調を崩してしまうのは仕方がないことですが、肉体的なストレスもやはり子供の成長にとっては悪影響を与えるもの。

 

ストレスというと精神的な部分のみに注目がいきますが、肉体的なストレス状態もストレスという意味では一緒ですので、成長には良い影響がないと理解しておくべきでしょう。

 

実際にどのような影響が出るのか?

いくつかの病気を例に取りながら、子供の身長が伸びにくくなる理由について考えてみましょう。

アトピー性皮膚炎や喘息、鼻炎で子供の睡眠が妨げられる

病気自体が成長に悪影響を及ぼすのではなく、病気の症状が出ることで、子供の睡眠が妨げられ、成長ホルモンの分泌量に悪影響を与えることが問題です。

 

アトピー性皮膚炎だと夜中にかゆみが出てしまうことで睡眠が妨げられますし、喘息や鼻炎は呼吸が苦しくなることで、目覚めてしまうこともあるでしょう。

 

子供の成長は成長期が終わるまでに分泌される成長ホルモンの影響を強く受けますから、熟睡を妨げるような状態は避けなければなりません。

 

しかしこれらの病気の症状が出てしまえば、熟睡できるどころではなく、寝ていることもできなくなり、夜中に何度も目覚めてしまうこともあるでしょう。

 

そのような日々を過ごしていれば、

必然的に成長ホルモンの分泌量やその質の低下は避けることができずに、成長期の急激な身長の伸びを実感しにくい状態になります。

 

その結果、身長が伸びやんだり、身長が伸びないことで将来的な低身長のリスクが高まってしまう状況に直面するのも仕方がないでしょう。

 

非常に残念なことですが、就寝時には症状ができるだけ出ないようにしてあげることを心がけてあげてください。

 

症状を放置することなく、

病院での検査や治療を積極的に行うことで、睡眠時の成長に悪影響を与えないようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群を発症している子供も増えている

睡眠時無呼吸症候群とは、太った男性がなる病気で子供には全く関係がないと考えている人がほとんどではないでしょうか?

 

親子が同じ部屋で寝ていれば就寝時のいびきや睡眠時無呼吸症候群の症状を確認することができますが、子供部屋で一人で寝ているとその状態に気づきにくくなります。

 

しかし小児の2%が睡眠時無呼吸症候群の症状を発症しており、ひどい子供だと日中に集中できなかったり、学習能力が低下してしまうことも。

 

睡眠時無呼吸症候群を発症しているのなら、間違いなく病院での治療を行うべきでしょう。

 

少しでも早い段階で治療してあげれば、慢性化や重症化を防ぐこともできますので、必ず病院を受診させてください。

 

子供の肥満外来が増えたり、治療ガイドラインも制定されるなど、生活習慣病の治療を受ける子供が増えています。

 

大人の病気という先入観を持つのではなく、健康に過ごすためにもしっかり治療を行ってくださいね。

精神的なストレスも肉体的なストレスも同じストレス

ストレスが成長ホルモンの分泌量を低下させ、身長が伸びない原因になるということは他の記事でもお伝えしていること。

 

子供は少し強制しただけでも、

その状況でストレスを感じてしまい、ストレス状態になってしまうほど繊細です。

 

ケガや病気は肉体的なストレス状態だということを理解しておくことが非常に大切で、肉体的なストレス状態の改善方法は治療することだけです。

 

擦り傷程度ならそこまで気にしなくても良いですが、骨折などはひどい痛みや行動の制限が出てしまいますので、みているこっちも辛くなりますよね。

 

ストレス状態が続けば交感神経が優位になり、就寝中も熟睡できない原因にもなるでしょう。

 

病気やケガは肉体的なストレス状態であり、それが続けば慢性的なストレス過多になってしまうということ。

 

走り回ることでストレスを解消していた子供が、それができなくなればストレスを発散できずに、リラックス状態とは真逆になりますよね。

 

間違いなく悪循環にハマってしまいますので、少しでもその状況を改善するようにしましょう。

病気のストレスで身長が伸びない、伸び悩むのは本当の記事まとめ

病気やケガはストレス。

このことをしっかり理解して、症状や原因の改善を行うことが非常に大切です。

 

肉体的でも精神的でもストレスは、成長期の成長ホルモンの分泌量を減少させ、その質を低下させる要因になります。

 

睡眠に影響が出ていなくても、自律神経に悪影響を及ぼすこともありますので、早めに治療を行ってください。

 

就寝直後の3時間と睡眠時間の長さが、子供の身長の伸びには非常に大切な要素。

 

それを妨げる可能性があることは、

子供の生活の中からしっかり排除して、少しでも身長が伸びやすい環境にしてあげることが、身長の伸びを最大化することにつながりますよ。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。