子供の頃から慢性的な睡眠不足が続くと背が伸びない原因になったり、背の伸びが止まってしまうなど、低身長になる確率が高くなるのを知っていますか。

 

睡眠時間と子供の身長の関係を理解できれば、子供の睡眠習慣はできるだけ乱れさせないことが大切だということを理解できるでしょう。

 

将来的に低身長で悩むリスクを抑制するためにも、健康で丈夫な子供に成長させるためにも、睡眠と身長の関係性についてこの記事を読んでしっかり理解してください。

睡眠不足で背が伸びないリスクは高まるのか?

日本人は世界的に見ても、大人も子供も睡眠時間が短く、短い睡眠時間でも仕事や勉強、運動などをしっかりこなせていると思っている人が多いでしょう。

 

確かに24時間という限られた時間を効率的に過ごすためには、睡眠時間を削ることが最も簡単な方法ですが、これは子供の成長という視点から考えるとデメリットだらけのこと。

 

幼少期から続く慢性的な睡眠不足は、心身の成長にとっては悪影響しかありませんので、できるだけ子供の頃から規則正しい睡眠習慣や生活習慣を身につけさせるべきでしょう。

 

睡眠は脳を休めるためのものだけではなく、身体を休めて細胞の修復や増殖をするためにも必要なものですし、成長ホルモンの分泌にも睡眠が影響を与えます。

 

日本人の子供は先進国で最も寝ているニュージーランド人の子供よりも、3歳の段階で毎日100分も睡眠時間が短いと言われているのを知っていますか?

 

1日100分、1週間で700分、1ヶ月3100分ですので、51時間以上も睡眠時間が短いので2日も寝ていないことになります。

 

3歳から毎日そんな生活習慣で過ごすと、

小学校入学前の身長の高さも異なりますし、成長期でも伸びる身長の高さに悪影響を与えてしまうのも納得できるでしょう。

 

慢性的な睡眠不足は身長の高さだけはなく、健康で丈夫な子供に成長させることができにくくなりますので、本当に注意してあげてください。

睡眠時間が6時間以下だと成長ホルモンの分泌量が減少する

成長期に子供の身長が急激の伸びるのは、成長ホルモンが分泌された影響で骨の骨端線の軟骨細胞の細胞分裂が活性化されるから。

 

だから成長期にしっかり身長を伸ばすためにも、成長ホルモンの分泌量が減少するような生活習慣や睡眠習慣は絶対に避けたいところ。

 

最新の研究では睡眠直後の3時間に一晩で分泌される成長ホルモンのほとんどが出るので、睡眠のゴールデンタイムは関係なく、その3時間に熟睡できることが大切だということが言われています。

 

しかし脳を休めるためには、最低でも6時間以上の睡眠時間が必要で、6時間を切るよな睡眠不足の状態が続いてしまうと、脳がストレスを感じて成長ホルモンの分泌量が減少することがわかっています。

 

成長ホルモンの分泌量が減少すれば、必然的に身長の伸びは鈍化したり、止まってしまう可能性が高まるのでそういった状況は絶対に避けたいところ。

 

12時過ぎに寝て部活の朝練で起きるのが6時とか6時半だと、日々の睡眠時間が6時間を切ってしまうこともあるでしょう。

 

中学生や高校生になると、生活スタイルや生活習慣が大きく変わってしまう子供も多いので、毎日しっかり寝ることを心がけてください。

睡眠不足は早熟化を早め、骨端線の閉鎖も早めてしまう

子供の身長が伸びるのは、骨の骨端線の細胞分裂が行われるからであり、骨端線が閉鎖してしまうと、身長を伸ばすことができなくなり、思春期や成長期が終わります。

 

身長を伸ばすためには、骨端線が閉鎖していない状態で、成長ホルモンを大量に分泌させることが基本。

 

骨端線の閉鎖後にどれだけ大量の成長ホルモンを分泌しても、骨が伸びることも身長を伸ばすこともできません。

 

しかし睡眠不足の状態が続くと、骨端線の閉鎖を早める性ホルモンの分泌量が増えて、子供の早熟化傾向が強まり骨端線の閉鎖時期が早まります。

 

早熟化で骨端線の閉鎖が半年早まれば2〜3cmは背が伸びないですし、1年早まれば5〜6cmは伸びなくなるでしょう。

 

成長期の子供にとって早熟化ほど、気づかないうちに低身長の要因になることはなく、早熟化をい早めるのが幼少期からの生活習慣です。

 

慢性的な睡眠不足とぽっちゃり体型や肥満体型の子供は、早熟化傾向が強まることがわかっていますので注意が必要でしょう。

 

ちなみに成長ホルモンがしっかり分泌されると、脂肪分解作用も発揮しますので、寝ているだけで太りにくい体質になると言われていますので、睡眠不足は肥満の要因のひとつと考えることもできます。

 

そういう意味でも慢性的な睡眠不足が続くことは、低身長で悩む確率が高くなるということですので、幼少期からの睡眠習慣を考え規則正しい生活習慣で過ごすようにしましょう。

睡眠不足は百害あって一利なしということを理解しよう。

睡眠不足で過ごすことの唯一のメリットは、1日24時間で自分が活動できる時間を増やすことができるということ。

 

しかし慢性的な睡眠不足の状態では集中力が低下し、脳が効率的に動けずに、記憶力も判断力も低下します。

 

子供の学力低下の原因になることもわかっていますので、活動する時間が増えても全く効果的に使えないという事実を認識すべき。

 

睡眠不足は健康状態にも悪影響を与えますし、美容面でも悪影響を与え肌荒れやニキビの原因にもなるでしょう。

 

若いうちはそれでなんとかなると思うかもしれませんが、そのダメージは体内に蓄積され、その反動はいずれ表面化してしまいますし、睡眠障害を発症するリスクも高まります。

 

睡眠障害になることで、

うつ病や精神系の疾患を発症してしまうきっかけになりますし、そうなったらその症状と一生付き合わなければならないかもしれません。

 

たかが睡眠不足ですが睡眠不足をきっかけに肉体的精神的な病気を発症してしまう人は多いので、健康に過ごすためにも睡眠時間を確保して良い睡眠習慣を身につけさせることは基本でしょう。

睡眠不足で背が伸びない、低身長の原因は睡眠習慣の乱れかもの記事まとめ

睡眠不足は子供の身長の伸びだけではなく、健康にも悪影響を与えてしまい、全くメリットが無いことだということがわかったと思います。

 

しかし子供は楽しいことがあると親に内緒で遅くまで起きていたり、気付いた時にはすでに寝る時間を過ぎていたなんてこともあり、それがいつものことになってしまう場合もあるでしょう。

 

幼少期の睡眠習慣の乱れは、親の生活習慣の影響を強く受けますので、親子で協力して早寝早起きの生活スタイルに変えることも大切です。

 

慢性的な睡眠不足は本当にメリットが無いことですので、低身長になる可能性を高めるようなことをできるだけしないようにしてくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。