骨端線とは?子供の身長にどのような影響を与える部分のことなのか知っていますか?

 

骨端線の状態を知ることで、まだまだ成長する可能性があるのかがわかると言われていますが、どういうことなのでしょうか。

 

子供の身長と骨端線の関係性について解説しますので、少しでも身長を伸ばしたいなら、しっかり理解しておきましょう。

骨端線とは一体どのような部分のことか?

子供の身長を伸ばしたいと考えているのなら、骨端線のことは絶対に知っておくべきでしょう。

 

骨端線とは子供の骨にしかない特徴的な部分で、骨端線の軟骨細胞部分で細胞分裂が起こることで骨が伸びて、身長が高くなります。

 

骨端線は骨の両端にあり、

そこが軟骨細胞でできていることで、レントゲン撮影をすると黒くレントゲン写真に写らずに線のように見えることで骨端線と呼ばれていると理解しましょう。

 

骨の成長度合いや成長期の進行状況に合わせてどんどん骨端線の幅が狭くなり、いずれ軟骨細胞が完全に骨化することで、骨端線がなくなります。

 

そういった特徴があるので、骨端線の状況を知ることで骨が伸びるのか?(身長が高くなる可能性があるのか)ということを判断する指標のひとつ。

 

病院でレントゲン撮影さえすれば、

まだ身長が伸びる可能性が残っているのかということが、あっという間に明確になります。

骨端線が閉鎖する平均年齢は?

加齢とともに骨端線はどんどん狭くなり、いずれ閉鎖してしまいますが閉鎖する平均年齢を知っておくことも必要でしょう。

 

骨端線が閉鎖する平均年齢は男性と女性で異なり、男性は17〜18歳、女性は15〜16歳が一般的。

 

平均年齢なので生活習慣や遺伝的要素の影響を受けて、骨端線が閉鎖する時期は多少前後しますが、稀に20歳を過ぎても骨端線が残っている人もいます。

 

その場合でも25歳までには、男性も女性も完全に閉鎖してしまうと言われていますので、それ以上の年齢になって身長を伸ばそうと思っても無理な話。

 

子供の身長も大人の身長も、

自然に伸ばすことができるのは骨端線が残っている年齢までだということを理解して、その間に効率的に伸ばせるようにしてあげましょう。

 

また骨端線が閉鎖する前のかなり幅が狭くなっている状態では、細胞分裂も鈍化して、骨がどんどん伸びにくくなりますのでできるだけ早めの対策が重要です。

 

骨が伸びにくい時に努力をするよりも、骨が伸びやすい段階で努力を行った方が、より効率的に伸ばすことができますので、その点も意識してください。

 

成長期や思春期でも、前半部分に急激に骨が伸びるタイミングがありますので、その段階から細胞分裂を促進できるようにしてあげるのが良いでしょう。

骨端線で骨を伸ばす際に必要な栄養素は?

骨の成長に必要な栄養素は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKの6種類。

 

この中でも骨を伸ばす際に最も最初に必要になるのがタンパク質です。

 

骨端線の軟骨細胞では、タンパク質を原料にして合成されたコラーゲンが骨の骨格部分を形成し、そこにカルシウムやマグネシウムが吸着することで健康で丈夫な骨に成長します。

 

コラーゲンが不足した状態では、骨の骨格部分を新たに形成させることができませんので、カルシウムがいくら大量にあっても骨が伸びずに身長を伸ばすことができません。

 

この点は非常に大切なポイントなので、成長期や思春期だけではなく、子供には良質なタンパク質をしっかり摂取させるようにしましょう。

 

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが、動物性タンパク質ばかり食べていると体が酸性に傾き、病気になりやすくなりますので、植物性タンパク質もバランス良く摂取しましょう。

 

脂肪分の多いお肉ばかり食べているようだと、脂肪分とカロリーがオーバーしますので、赤身のお肉や鶏肉などの脂肪分の少ないものも食べてください。

 

また納豆やお味噌などの大豆食品やナッツ類などをしっかり組み合わせて食べることで、脂質やカロリーも抑制できますのでおすすめです。

性ホルモンが骨端線の閉鎖を促進する

性ホルモンの分泌量が一定以上になると、成長期や思春期に突入します。

 

成長期の前半では、性ホルモンと成長ホルモン、副腎ホルモンが骨端線に作用して、細胞分裂を活性化してグングン骨を伸ばしてくれます。

 

性ホルモンは成長期に急激に身長が伸びる状態を作る要素ですが、成長期の後半にかけては、性ホルモンの骨端線に対する作用に変化が起こります。

 

性ホルモンが分泌されればされるほど、骨の骨化が進みどんどん骨端線の幅が狭くなり、いずれ閉鎖してしまいます。

 

性ホルモンは成長期の前半と後半で全く異なる作用を発揮して、身長の伸びを完全に止めてしまうきっかけになるということ。

 

特に骨の骨化には女性ホルモンのエストロゲンが強く作用しますので、女性の身長の伸びが早く止まってしまう原因になります。

 

性成熟が緩やかな子供の方が最終身長が高くなりやすいことがわかっていますので、早熟傾向が強い場合には気をつけてください。

骨端線とは?子供の身長との関係性の記事まとめ

骨端線は子供の骨にしかない部分のことで、言い換えれば骨の伸びしろだと考えることできます。

 

骨端線が残っていればまだ身長が伸びる可能性がありますし、骨端線が閉鎖していれば、もう身長を伸ばすことができません。

 

だからこそ、骨端線が残っている段階で骨の成長に良いことを行ったり、骨が伸びやすい環境を再現してあげることが大切です。

 

骨端線の閉鎖とはもう絶対に身長が伸びないという現実を意味していますので、そういった状況になって焦るのではなく、その前にしっかり状況を改善してあげてください。

 

骨端線の成長に役立つ栄養補給と成長ホルモンによる細胞分裂の活性化、これを意識してあげることで将来的な低身長のリスクを回避してくれますよ。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。