毎日の食事を意識するだけ免疫力を高め、風邪やインフルエンザなどの病気を予防することもできます。

 

どのような食生活が良いのか?

健康に過ごすことは子供の成長をサポートし、大人の健康寿命を長くすることにも繋がりますよね。

 

免疫力をアップすることができる食生活をについて、今日から改善できる方法も含めて解説しますので、参考にしてくださいね。

免疫力は毎日の食事でぐんぐんアップできる

健康で充実した日々を過ごすためには、免疫力を高めて病気を予防することができるのかということで変わります。

 

健康で元気な子供は活動量も多く健康で丈夫に育ちますし、心身ともに健康であれば身長を伸ばしやすい状態にもなりますし、成長面でのサポート効果も期待できるでしょう。

 

大人の場合は健康寿命を伸ばすことにつながり、元気に活動することができて人生の楽しみを増やすことに繋がります。

 

癌などの重篤な病気を予防することも大切ですが、免疫力を高めて風邪やインフルエンザなどの感染症を予防することも非常に大切なこと。

 

感染症にかかりやすい人とは、病気に対する抵抗力も弱いので、癌などの重篤な病気を発症しやすくなるので、感染症にかかりにくくすることが必要です。

 

感染症にかかりにくい人とは、病気に対する抵抗力が高いということであり、言い換えると免疫力が高く、様々な病気にかかりにくいということ。

 

免疫力は元々の強さもありますが、生活習慣によって強くすることもできますし、弱くなってしまうこともあります。

 

免疫力が高い人とは、毎日の食事で様々な栄養補給ができており、細胞の入れ替えがしっかり行われ、新しい細胞が活動するエネルギーがしっかりある状態のこと。

 

毎日の食事を見直し、きちんとしたものに改善することで免疫力をぐんぐん高めることができますので、日々の食生活の注意点について解説しますね。

感染症にかかりやすいかで免疫力の強さがわかる

実践的な方法を紹介する前に、免疫力が高い状態か低い状態かを判断するには、感染症にかかりやすい体質かかかりにくい体質かで大まかにわかります。

 

感染症とは、風邪やインフルエンザ、食中毒や伝染病など細菌やウイルス、寄生虫などの病原体に感染することで起こる病気や症状のこと。

 

これらの病原体は、口や鼻などの粘膜や皮膚の細胞などから体内に侵入することが多く、その状態が良いと免疫細胞が作用して感染を予防してくれます。

 

風邪やインフルエンザの流行期に同じ環境で過ごしていても、症状を発症する人と、症状を発症しない人がいるのが免疫細胞の働きによる違い。

 

普段から風邪やインフルエンザなどになりやすい人は、免疫力が低下していると考え、これから紹介する方法で少しでも免疫力を高めるようにしましょう。

免疫力をアップさせる食生活とは?

長年の食習慣を急に改善することは大変かもしれませんが、できることからでも始めないと何も変わりません。

 

これから紹介することを続けると、

病気になりにくくなり、身体も丈夫になり快適に過ごすことができるようになりますので、ぜひ実践してくださいね。

食事のリズムや食べる時間帯を整える

食事の間隔が空きすぎると、代謝に悪影響が出たり、ホルモンや消化液等の分泌も乱れがちになります。

 

病気を防ぐという意味でも、1日3食を同じ時間帯に食べるようにすることが大切です。

 

特に朝ごはんを食べずに学校や会社に行くと免疫力が低下しますし、脳の活動も十分ではなくなるので、簡単なものでも良いので食べるようにしましょう。

食事はよく噛んで食べるようにする

あまり意識していないかもしれませんが、咀嚼力と免疫力には深い関係があります。

 

よく噛む習慣がある民族は、顎や喉の部分が発達していることで、感染症のかかり難くく、生活習慣病も少ない特徴が。

 

よく噛んで食べることで、満腹中枢も適度に刺激されますので、肥満の予防や改善にも役立ちます。

肥満体型にならない食事量を維持する

肥満体型やぽっちゃり体型だと、増えすぎた脂肪細胞から生体機能に乱れさせるホルモンが過剰に生産され、生活習慣病等の病気のきっかけになります。

 

子供の場合は性ホルモンの分泌量が増え、早熟化が強まることで身長を伸ばすことができる期間が短くなり、低身長のリスクが高まることに。

 

病気を予防し、健康的な生活をおくるためにも標準体型・標準体重にとどめておくことが、非常に大切ですよ。

栄養バランスを考えた食事内容にする

普段の食事で摂取する栄養素は、古い細胞を新しい細胞に入れ替えるために必要な材料になり、新しい細胞が機能するためのエネルギーになります。

 

細胞の入れ替えや活動をスムーズに行うためには、特定の栄養素ではなく様々な栄養素をバランス良く摂取することが大切。

 

栄養バランスが大切だと言われるのはこのためで、栄養バランスの良い食事は適正体重を維持するのと同じくらい大切なことだと理解しておきましょう。

自分の身体にあった食べ物を活用する

体質や体調、ライフスタイルや年齢によって、身体にあう食べ物は徐々に変わってきます。

 

自分にあった食事法として、「テーラーメイドの方法」がありますが、それをうまく活用することで、より免疫力を高め健康的に過ごすことができるでしょう。

 

テーラーメイドの方法とは、体質によって食事内容を変えていく方法のことで、テーラーメイド栄養学をベースに考えられています。

免疫力をアップさせる栄養成分を食べる

食べ物や食材の中には、免疫力を高めることができる成分が含まれているものがあります。

 

栄養バランスを整えながら適正エネルギーを守るためにも、免疫力を高める成分が豊富に含まれている食べ物や食材を利用しましょう。

 

普段から上手に利用することで、免疫力はますますアップさせることができますので、どのような食材が良いのか、次の項目で詳しく解説します。

食事のとり方で栄養バランスが大きく変わる

免疫力を高め、病気にならないようにするためには、栄養バランスを整えることが非常に大切で、3大栄養素も含めてバランス良く摂取することが必要です。

 

3大栄養素とは、炭水化物・脂質・タンパク質のことで、それぞれの理想の摂取割合がありますので紹介しておくと・・・

 

  • 炭水化物:50〜60%
  • 脂質:20〜25%
  • タンパク質:15〜20%

 

3大栄養素のバランスを考えながら、ビタミン類とミネラル類を不足ないようにとることができればバッチリでしょう。

 

摂取割合を考えたおすすめの食事法は、

1回の食事で主食・主菜・副食を一緒にとり、食事ごとに食材・調理法・料理のジャンルを変えること。

 

この点だけ意識していれば、毎日の食事で摂取できる栄養バランスが整い、免疫力をアップさせることにも繋がるでしょう。

 

ちなみに、主菜とは肉類・魚介類・卵・大豆製品などのことで、副菜とは野菜・きのこ・海藻類・具の多い汁物などのことで、1〜2品作ることで栄養バランスが整います。

 

基本の主食・主食・副食に合わせて、野菜やフルーツを意識して食べることで、不足しがちなビタミン類やミネラル類も補うことができます。

 

では実際にどのような栄養成分が免疫力を高めるのか、詳しく解説していきましょう。

タンパク質は免疫力をアップする栄養成分

タンパク質とは全身の細胞の材料になる成分で、ここ20年ほどで日本人の摂取量が激減しているもの。

 

子供の身長を伸ばすためには、タンパク質をしっかり摂取しなければならず、摂取量の減少が日本人の平均身長の鈍化や低下に影響しています。

 

魚介類・肉類・卵・乳製品・大豆などに含まれておりますが、脂質を摂取しすぎないように肉類を食べる際には、赤身を中心に脂肪分の少ないところを選びましょう。

 

動物性タンパク質ばかり食べていると、身体が酸性に傾いてしまうので、植物性タンパクとバランス良く摂取することも必要です。

ビタミンAは免疫力をアップする栄養成分

ビタミンAとは喉や鼻、肺や消化器などの粘膜や皮膚が正常に機能するために必要な栄養成分。

 

感染症の予防以外にも、眼精疲労の回復や癌の予防にも効果的だという報告もあるので、日常的に摂取したいもの。

 

ビタミンAはレバー・うなぎ・緑黄色野菜に多く含まれていますので、旬の野菜や砂肝など、子供でも食べやすいものを選んであげることも大切でしょう。

ビタミンB2は免疫力をアップする栄養成分

ビタミンB2は3大栄養素をエネルギーに変える際に使われる補酵素なので、ビタミンB2も不足させないことが大切。

 

さらに細胞が新しく生まれ変わる際にサポートする作用もありますので、免疫力を高めるためにも重要です。

 

ビタミンB2はレバー・青背魚・納豆・牛乳などに豊富に含まれていますが、レバーはコレステロールが多いので、レバーだけに偏らないようにしましょう。

ポリフェノールは病気の原因を攻撃する栄養成分

ポリフェノールとは植物の色素やアクなどに含まれている抗酸化成分のこと。

 

細胞を傷つける活性酸素を攻撃して無害化し、癌や動脈硬化・老化などを予防するので、アンチエイジングにも用いられる栄養素。

 

ポリフェノールはぶどう・赤ワイン・緑茶・大豆・ココアなどに含まれていますので、比較的摂取しやすいでしょう。

カロテノイドは病気の原因を攻撃する栄養成分

カロテノイドとは植物と動物性の両方に含まれている色素成分のこと。

 

紫外線で発生する活性酸素に作用して、その働きを無害化します。

 

カロテノイドは緑黄色野菜・赤やオレンジ色のフルーツ・鮭やエビなどの赤い魚介類にも豊富に含まれていますが、成分の作用が若干異なります。

 

様々な食品や食材からいろいろな色のものを選ぶと、より優れた抗酸化成分を摂取することができますよ。

イオウ化合物は病気の原因を攻撃する栄養成分

イオウ化合物とは刺激臭のある香り成分。

 

強い抗酸化作用があることで、癌や動脈硬化を予防し、さらに疲労回復効果や殺菌作用も期待できます。

 

イオウ化合物はにんにく・玉ねぎ・ニラなどに豊富に含まれています。

免疫力を毎日の食事で高め病気を予防する食生活の記事まとめ

普段の食事と免疫力には非常に強い関係性があることがわかったと思いますが、いつ変えるのかはあなた次第。

 

この記事をよんでできることからチャレンジするのか?それともまた今度と先延ばししてしまうのかで、将来的な健康寿命にも大きな違いが出ます。

 

毎日の食事で免疫力を高めることは、

そこまで難しいことが必要なのではなく、日本人なら馴染み深い和食をベースにした食生活を送ることで簡単に再現できます。

 

免疫力が向上することは子供の身長を伸ばし、健康で丈夫に育てることに繋がりますし、大人にも生活習慣病等の予防に役立ちます。

 

特に冬の時期は、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスやロタウイルスなどの食中毒が起こりやすい時期ですので、免疫力のアップを目指しましょう。

 

食事内容や食事方法で免疫力や健康は大きく変わりますので、毎日の食卓に何を並べるのか?しっかり考えてくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。