子供の身長を伸ばすにはどんな食事を食べさせるべきなのか、成長に必要な食事に求められている要素をまとめて解説します。

 

子供の健康を維持するためにも、身長を伸ばすにも普段の食事で栄養補給を徹底して行うことが基本。

 

身長を伸ばすには幼少期からの食習慣や食事量が非常に大切ですので、その点を理解して成長に役立つ栄養素をしっかり摂らせてくださいね。

子供の身体は食事で食べた栄養素でできている

すごく基本的なことですが、人間の身体は普段の食事で何を食べているか、どれだけ大量に摂取しているのかということで大きく異なります。

 

もし幼稚園や小学生の段階で、子供の身長が周りの友達よりも低いと感じる場合は、食事での栄養補給が十分ではない可能性があるでしょう。

 

大人と違って子供は少食だったり、好き嫌いが多い偏食だったりしますので、普段から献立やメニュー選びに悩んでいるお母さんも多いと思います。

 

厳しい言い方をすれば、子供に食べさせようと努力しているけれども子供が食べてくれない状態は、結果から言ってしまえば何もしていないのと同じこと。

 

お母さんがどれだけ工夫をしていても子供が食べてくれないのであれば、成長に必要な栄養補給ができずに、身長を伸ばすことも、健康に成長させることも難しくなります。

 

そういった現実に直面しないためにも、子供には様々なものを食べさせる機会を増やし、好き嫌いをなくす努力や、食事量を増やしてあげることが非常に大切ですよ。

子供の身長を伸ばすにはタンパク質の摂取が基本

食事で子供の身長を伸ばすには、優先して摂取させたい栄養素はタンパク質。

 

タンパク質には肉類や魚介類、乳製品や卵のような動物性タンパク質と、大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質があります。

 

両方をバランス良く摂取することで、アミノ酸のバランスも良くなりますし、酸性やアルカリ性などへの偏りを予防することができますので、組み合わせて食べることはすごく大切です。

 

アミノ酸の集合体であるタンパク質を摂取することで、骨の骨端線で骨が伸びる際に必要になるコラーゲンの合成量を増やすことができますので、子供の身長を伸ばすには非常に大切なこと。

 

タンパク質を摂取しなければ子供の身長は伸びませんし、ホルモンの合成や肌や髪の毛の健康状態にも悪影響を及ぼしますので、絶対に摂取させてください。

 

タンパク質は成長期だけではなく、幼少期から大人になっても継続的に摂取する必要のある栄養素ですので、常に摂取量には注意しましょう。

 

成長期に小学校高学年や中学生になると、タンパク質でも肉類の摂取量が増え、体内が酸性に傾いてしまうので注意してください。

 

また肉類は脂質やカロリーも高く、太りやすいですし、コレステロールが増え動脈硬化やドロドロ血液になるので摂取量や調理方法は非常に大切です。

インスタント食品や加工食品だけでは栄養不足になりやすい

家事や育児、仕事やパートに大忙しのお母さんも増えていたり、味や見た目もよくなったり、様々なレパートリーが増えたことで、インスタント食品や加工食品が食卓に並ぶこともおおいですよね。

 

確かにインスタント食品やレトルト食品、冷凍食品などの加工食品は手軽で美味しいから、お母さんも使いたくなる気持ちもわかりますが、そればかりでは栄養面が心配です。

 

工場で加工した食品には加工の過程で栄養素が消失しているものも多く、それを別の形で補うことで、栄養バランスを整えているものも。

 

洗浄や加熱殺菌など、通常の家庭で調理する際には行わないようなことも行われていますし、食品添加物なども使われているでしょう。

 

手軽に使える生野菜のパックなども、より多くの洗浄過程が必要になり、その家庭で水溶性のビタミン類は徐々に消失しています。

 

手軽なことはメリットですが、工場から出荷される商品は生の状態でも無加工の商品とは異なることを理解しておきましょう。

 

特に子供の年齢が小さいうちは、できるだけ家庭で調理したものを食べさせるようにして食習慣を良い状態で維持することが大切です。

9歳までの食事が子供の将来的な身長の高さを決定する

味覚や食の好みを決定するのは、幼少期からどんなものをどのような形で食べさせているのかということですので、幼少期からの食習慣は非常に大切なこと。

 

そして食事の結果が子供の身長の高さに繋がり、9歳頃までには大まかな身長の高さをイメージすることができます。

 

これは9歳の段階の身長を成長曲線に当てはめることでイメージできること。

 

男の子の場合は9歳で130cmまで成長していれば、平均的な身長の伸び方をしていますので、将来的な身長は170cm前後になるでしょう。

 

もし9歳の段階で125cmしかなければ、-1SDということになり将来的な身長の高さは165cmほどにしかならない可能性が高いということ。

 

平均的に成長期の身長の伸びは男子で23〜35cm、女子で25cmと言われていますので、9歳までの身長の高さとその後の伸び方をしっかり理解しましょう。

 

9歳の段階で平均身長よりも低いなら、その後の成長期でどれだけ効率的に身長を伸ばすことができるのかを考えてあげるべきですし、その工夫を出来るだけ早い時期に行ってあげてください。

食事で不足する栄養素はサプリメントで補給しよう。

身長を伸ばすためにも、健康で過ごすためにも子供の栄養補給は非常に大切なことですが、現在の食事事情を考えてると食事だけでそのすべてを摂取するのも難しいでしょう。

 

この50年ほどの期間で食材に含まれる栄養素が激減し、以前に比べてかなり栄養価が低下している状態になっています。

 

だから毎日栄養バランスの整った食事を食べさせているつもりでも、栄養価の低下によって十分な栄養補給ができていない可能性も。

 

栄養補給は毎日の積み重ねですので、食事での栄養補給がしっかりできていなければそれだけ身長の伸びにも悪影響を及ぼすということです。

 

栄養不足による健康や身長への悪影響を予防する方法のひとつがサプリメントを活用することですが、サプリメントの基本的な選び方を知っていますか?

 

サプリメントは原材料に天然素材を使用したものと人工のものを利用したものがあり、私がおすすめしたいのは天然素材を原材料に使用したもの。

 

天然素材は栄養吸収率も高く、体内に吸収されたあとの作用も確認されていますが、人口の素材は吸収率が低く体内で作用も確認されていません。

 

サプリメントの栄養成分表でタンパク質やカルシウムなどが大量に摂取できることがわかっても、原材料が人工のものであれば少量の天然素材のサプリメントよりも劣るということ。

 

そんな状態ではサプリメントを飲ませていても、期待するような効果を実感するのは難しいでしょう。

 

サプリメントは飲めば良いのではなく、栄養素が吸収されて初めて意味があるものですので、その点を間違えないようにしてくださいね。

身長を伸ばすには何が大事?子供の背が伸びる食事の条件の記事まとめ

子供の身長を伸ばすにはやはり幼少期からの食習慣が非常に大切で、食事量が少ないと成長に必要な栄養補給を行うことができません。

 

また食事量は十分でも選ぶ食品を間違えていたり、偏った食事内容であれば健康に過ごすことも、身長を伸ばすこともできないでしょう。

 

栄養学的に考えると当然のことですが、私達親世代が習った情報と最新の情報では大きく異なっていますので、最新情報を知ってくことも大切です。

 

まずは普段の食事内容を見直して見てください。

タンパク質を中心に栄養バランスに優れた食事を毎日食べさせてあげられているのか?たまにインスタント食品や冷凍食品を使うのであれば良いでしょう。

 

しかし毎日の食卓が加工食品だらけでになってしまうと、カロリーは摂取できても身長を伸ばすために必要な栄養補給はできていません。

 

子供の身長を伸ばすには、本当に普段の食事が基本になりますので、年齢に応じた食事内容、食事量を意識して身長が伸びやすい環境を整えてあげてくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。