両親の片方が背が低い場合や、夫婦ともに背が低いと生まれてくる子供は確実に低身長で悩んでしまうのでしょうか?

 

子供の身長の高さを決める要因や原因を考えることで、低身長の両親から生まれてきた子供が将来的に大きく成長できないのかを徹底検証します。

 

少しでも背を高くしてあげたいなら、

どうすれば身長が伸びるのかという基本的な知識を手に入れて、実際にどのような子育てを行うべきなのかということをしっかり理解しましょう。

 

子供の身長が伸びる基本的なルールを知っていれば、低身長の両親から生まれてきた子供でも、将来的に低身長で悩むリスクを減らすことができますよ。

両親の背が低いと遺伝的に子供は低身長になるのか?

両親ともに背が低い家庭の子供を見てみると、子供も周りの友達よりも背が低い傾向が強いように思いますが、これにはいくつもの理由があります。

 

しかしここで理解すべきことは、

低身長の両親から生まれてきた子供でも背が高くなる可能性はありますし、逆に高身長の両親から生まれた子供も将来的に身長が伸び悩んでしまうこともあるということ。

 

確かに両親の身長が子供の背の高さに与える影響は非常に強いものがあり、遺伝的要素が全く影響しないとは言い切れません。

 

しかしこれはあくまでも先天的要素の話で、子供の身長を決定する要因は遺伝という先天的要素だけではなく、遺伝以外の後天的な要素も非常に大きな影響を与えます。

 

数値的なことでいえば、

遺伝的要素が子供の将来的な身長の高さに与える影響は23〜25%ほどで、残りの75%以上は後天的要素ですので、背の低い両親から生まれた子供が必ずしも子供が低身長になるというわけではありません。

 

でもなぜ、低身長の両親から生まれた子供は背が低くなる傾向があるのでしょうか?

両親の背が低い原因から考えられる子供への影響は?

背が低いということは、その両親も背が低い傾向が高いということで、子供の頃の環境が背が伸びにくいものだったと考えることができます。

 

言い換えると背が低くなる英才教育を受けてきたようなもので、自分の子供の子育てをする際に、幼少期の記憶を辿ったり、両親に聞くことで同じ状況を繰り返してしまう可能性があということ。

 

これが非常に問題になる部分で、

子供の身長のが伸びる後天的な75%以上の要素も低身長になるようにしてしまうことで、両親のように子供も身長が伸びない状況に陥ってしまいます。

 

母親の背が低い場合にこの傾向がより顕著になり、将来的に子供の身長が伸びない可能性が高いと理解しておくほうが良いでしょう。

 

なぜ母親の影響が強く出るのか?

日本の子育てでは母親の影響を強く受ける可能性が高いこと、特に睡眠習慣や食習慣などは母親が主に管理していますので、それが身長の高さとして現れやすくなります。

 

このことをしっかり理解していると、

両親の背が低い場合でもお子様の身長の高さを平均身長くらいまで伸ばすこともできるでしょうし、幼少期からの生活習慣をしっかり管理することで平均身長よりも高くすることもできるはず。

 

最初にお伝えしたように子供の身長を決定する要因の75%以上は後天的な要素ですから、それを意識的に改善してあげることで、結果は大きく変わります。

 

どのような部分に特に注意すればよいのか、少しでも子供の最終身長を高くするために気をつけるべき要素を紹介すると・・・

幼少期からの栄養補給が将来的な身長の高さを決める

人間は食事を摂取しなければ生きることができませんが、食事で摂取すべき栄養素にはどのような考え方があるのかしっかり理解していますか?

 

簡単に説明すると、

普段の生活のための栄養素と身体を成長させるための栄養素で、身体を成長させるための栄養素は、生活のための栄養素で残った分で賄われます。

 

だからもし普段食事をしっかり食べていても、成長に必要な栄養素を摂取できていなければ、栄養不足で子供の身長が伸び悩むということ。

 

母親が幼少期から少食だとすれば、その食習慣や食事量が子供が食べる基準になりますので、成長に必要な栄養素が不足しやすい状況になります。

 

その状態が何年も続くことで、成長期になっても身長を十分に伸ばすことができずに、低身長で止まってしまう可能性が高まりますので意識的に食事量を増やすことが大切でしょう。

 

ただ大量に食べすぎることで、肥満体型やぽっちゃり体型になってしまうと、今度は逆に身長が伸びにくい状態になってしまいますので、そこは注意してください。

幼少期からの睡眠習慣が成長期の到来時期とその伸びを決定する

背が低い両親に多いのが、子供の頃から夜更かしが基本で慢性的な睡眠不足の状態ですごしていたというもの。

 

慢性的な睡眠不足で過ごしている日本人は非常に多く、現代では大人も子供も睡眠時間が全く足りていません。

 

睡眠不足が続くことで、成長ホルモンの分泌量や質が低下し、成長期の到来時期を左右する性ホルモンの分泌量が増加します。

 

性ホルモンが大量に分泌されると、

その分だけ性成熟が進み、早熟傾向が強くなりあっという間に思春期を迎えてしまうなど、身長が非常に伸びにくい状況に直面します。

 

その結果、成長期でも十分に身長が伸びずに、将来的な低身長のリスクを高めてしまいますので、本当に注意してください。

 

大人と子供は必要な睡眠時間が全然違いますし、小学生のうちは8〜9時間は高学年でもしっかり寝かせるべきです。

 

規則正しい睡眠習慣+規則正しい生活習慣が子供の身長を伸ばすためには絶対に必要なことですので、そこを忘れないようにしましょう。

 

早寝早起きは基本で、できるだけ睡眠時間を増やしてあげるようにすると、子供の低身長のリスクは抑えることができますので、しっかり意識してあげてください。

遺伝的要素が子供の身長を決めるのかの記事まとめ

両親の背の高さは遺伝的要素という形で、子供の最終身長に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

 

しかしこの記事で解説したように、遺伝的要素だけで子供の身長が決定するわけではありません。

 

子供の身長を決める要素の75%以上は後天的なもの。

 

しかし両親ともに背が低い場合は、背が低くなる英才教育を受けた両親が子育てをするようなものなので、より背が高くなりにくい状況に陥ります。

 

このことを最初に理解していると、

お子様の子育て方針も変わるでしょうし、少しでも身長が伸びるような生活習慣を身に着けさせることができるでしょう。

 

背が低い親から生まれても高身長になる子供もいますし、高身長の両親から生まれても背が伸び悩んでしまうこともあります。

 

幼少期から生活習慣(特に睡眠習慣と食習慣)を意識的に改善してあげて、少しでも身長が伸びやすい環境を用意してあげてくださいね。

 

それが将来的なお子様の身長を高くして、人生の選択肢を増やしてあげることにも繋がりますので、その点を忘れないでくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。