体質や体調によって必要な食べ物が変わってくることから発達した考え方がテーラーメイド栄養学。

 

テーラーメイド栄養学をうまく活用することで、子供も大人も健康を維持することができ、それにより健やかな成長や健康寿命を伸ばすことができます。

 

テーラーメイド栄養学の基礎となる食べ物の機能別分類とはどのようなことなのか、健康に役立つ食材や食べ物の選び方を理解しましょう。

テーラーメイド栄養学が免疫力をアップさせ健康維持に役立つ

普段の食事で何を食べるのか?

それが免疫力を高めることや低下させることに繋がり、感染症への予防や対策、健康維持に役立つということは別の記事でもお伝えしました。

 

ただ免疫力をアップさせる食材を食べさせたとしても、体質の違いによってそれだけでは不十分なこともあるでしょう。

 

そこで免疫力アップに役立つ食材や食べ物+テーラーメイド栄養学の組み合わせを知ることで、より健康を維持することができるようになります。

 

テーラーメイド栄養学については、専門医の指導を受けることが良いのですが、すぐに病院に行ってカウンセリングを受けるのも難しいでしょう。

 

まずは自宅でもできる食べ物の機能別分類を理解して、どんな体質の人がどんなものを食べるべきなのかということを理解してください。

 

この記事で紹介する食べ物の機能別分類は、東洋医学と西洋医学のそれぞれの視点で「酸性・アルカリ性の分類、陰性・陽性の分類」を行っています。

 

西洋医学と東洋医学の考え方を組み合わせることで、それぞれの欠点も補うことができますので、この食べ物の機能別分類を知ることで健康管理に役立つでしょう。

食べ物の機能別分類の基本的な考え方は?

この記事でおすすめする「食べ物の機能別分類」には、陰性・陽性・酸性・アルカリ性・中庸という5つの指標があります。

 

食べ物の陰性や陽性とは、東洋医学的な考え方で食品を分類したもの。

 

食品が取れる環境や季節、色などによって分類したもので陰性食品は体を冷やし、陽性食品は身体を温める作用が期待できます。

 

食べ物の酸性やアルカリ性とは、西洋医学的な考え方で食品を分類したもの。

 

食品を水素イオン(pH)によって、酸性とアルカリ性に分類し、酸性を控えにしてアルカリ性食品を不足なく摂取することが健康維持に役立つとされています。

 

酸性・アルカリ性の食品を摂取することで、尿や血液以外の体液に影響を及ぼし、それが健康状態にも影響するために、病気予防の観点からも注目されています。

 

実際それぞれにどのような特徴があるのか?

どのような食品や食材がそれぞれの機能別分類に当てはまるのかなど、より詳しい情報を解説しますので、食品選びの参考にしてください。

陽性のアルカリ性食品の特徴と食材や食品は?

陽性のアルカリ性食品の特徴としては、身体を温めたり、アルカリ性に傾けることで健康を維持しやすくしてくれます。

 

血液サラサラ作用のある食品や、食物繊維を豊富に含んでいる食品、発酵することで栄養価の高まっている食品が多い傾向があります。

 

糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を予防・改善する効果も期待できますが、大量に摂取すると、腹部膨満感などの原因になることも。

 

陽性のアルカリ性食品だけを大量に摂取すると、栄養失調になることもあるので、個室しすぎないことも大切です。

 

陽性のアルカリ性食品には、

玉ねぎ・ネギ・ニラ・かぼちゃ・にんじんやごぼうなどの根菜類・わかめやひじきなどの海藻類・大豆などの豆類・しょうが・しそ・梅干し・自然塩・みそや醤油、納豆など発酵食品などがあります。

陽性の酸性食品の特徴と食材や食品は?

陽性の酸性食品の特徴としては、身体を温めて酸性に傾ける作用があります。

 

タンパク質を豊富に含む食品が中心なので、不足すると体力や免疫力が低下し、過剰摂取が続くと、腎臓病などの内臓疾患を誘発することもあるので、摂取量には注意が必要でしょう。

 

陽性の酸性食品には、

魚・いか・えび・たこ・あさりやホタテなどの貝類・牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉・卵などがあります。

 

陰性のアルカリ性食品の特徴と食材や食品は?

陰性のアルカリ性食品の特徴としては、体を冷やしてアルカリ性に傾ける作用があります。

 

抗酸化成分を含む食品も多く、体内の活性酸素を減少させてくれますが、この食品ばかり食べると免疫力がアップして病気になりにくくなるものの、体力の低下を実感するでしょう。

 

陰性のアルカリ性食品には、

葉物野菜全般・大根・トマトやナス、きゅうりやゴーヤなどの夏野菜・きのこ・山菜・昆布・赤唐辛子・酢・フルーツ・緑茶・紅茶・コーヒー・ハーブティー・ココアなどがあります。

陰性の酸性食品の特徴と食材や食品は?

陰性の酸性食品の特徴としては、体を冷やして酸性に傾ける作用があり、取りすぎると体力や免疫力が低下して、病気になりやすくなります。

 

高脂肪・高カロリーなので、ドロドロ血液になりやすい食品が多く、過剰摂取が続くことで肥満やメタボリックシンドローム症候群、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病になりやすいでしょう。

 

陰性の酸性食品には、

精白米などの白い穀物・うどんなどの小麦粉から作る麺類・精製塩などの精製食品・油・インスタント食品・スナック菓子・砂糖・スイーツ・牛乳・清涼飲料水・お酒などがあります。

 

中庸の特徴と食材や食品は?

中庸食品の特徴としては、陰性や陽性に傾きすぎた場合にそれを調整し、身体のバランスを保つ作用が期待できます。

 

中庸食品には、雑穀やイモ類などがあります。

食べ物の機能別分類の基本的な活用方法とは?

大まかな食べ物の機能別分類の内容は理解できたと思いますが、大切なのは実際にどのように使うのかということ。

 

食の欧米化が進んだ日本では、1960年以降に陰性も陽性も酸性食品の摂取量が大幅に増え、それに伴い糖尿病や癌などの生活習慣病が急増しました。

 

酸性食品ばかりを食べていると生活習慣病などの病気になりやすくなることを理解することが大切ですが、酸性だから良いとかアルカリ性だから悪いと言うことでもありません。

 

大切なポイントは、摂取する食品のバランスをやや酸性もしくは、ややアルカリ性にとどめておくこと。

 

どちらが良いのかは個人差がありますし、その時の体調に合わせて摂取する食品を変えるようにしましょう。

 

食べ物の機能別分類を参考にメニューや献立を考えることが健康維持には大切ですが、量的には陽性とアルカリ性をやや多めにすること理想的だと言われています。

 

では実際にいくつかの症状を紹介しながら、どういった組み合わせが良いのかをし解説してみると・・・

体質による食べ物の機能別分類表の活用方法とは?

交感神経が優位になりやすい人

熱産生が高いので、できるだけ身体を冷やす食べ物を多く摂取するようにします。

 

陽性のアルカリ性食品や陰性の酸性食品を増やすと良いでしょう。

副交感神経が優位になりやすい人

熱産生が低いので、できるだけ身体を温める食べ物を多く摂取するようにします。

 

陽性の陰性食品や陽性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

肥満体型で尿酸値の高い人

酸性食品を減らしてアルカリ性食品を増やすことで、尿酸の排出が促進されます。

 

陽性のアルカリ性食品や陰性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

筋肉量が少なく基礎代謝も低めなの人

筋肉の原料になるタンパク質の摂取量を増やします。

 

陽性の酸性食品や陽性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

体調による食べ物の機能別分類表の活用方法とは?

風邪などの感染症にかかりやすい人

身体をアルカリ性に傾けることで感染症を予防できます。

 

陽性のアルカリ性食品や陰性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

熱っぽい症状がある人

身体の炎症を和らげることが必要です。

 

陽性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

冷え性の人

身体を冷やす食べ物を減らし、身体を温める食べ物を増やします。

 

陽性の酸性食品や陽性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

集中力が持続しにくい人

糖質のとりすぎとその代謝に問題がある可能性があります。

 

陽性の酸性食品や陽性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

高血糖や糖尿病の人

糖代謝がスムーズにできず、体内が酸性に傾きやすいので、酸性食品を減らしてアルカリ性食品を増やします。

 

陽性のアルカリ性食品や陰性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

季節による食べ物の機能別分類表の活用方法とは?

夏の暑い時期

体内の熱産生が盛んになるので、身体を冷やす食べ物を増やしながら、紫外線による活性酸素の除去に役立つアルカリ性食品も増やします。

 

陰性のアルカリ性食品を増やすと良いでしょう。

冬の寒い時期

新陳代謝が低下しやすいので、血液循環を促進する陽性食品を摂取します。

 

陽性のアルカリ性食品や陽性の酸性食品を増やすと良いでしょう。

季節の変わり目や梅雨の時期

気温の変化が身体にストレスをもたらすので、自律神経のバランスを整える陰性のアルカリ性食品を増やし、体力の低下を感じる時は陽性の陰性食品も合わせて摂取します。

 

陰性のアルカリ性食品や陽性の酸性食品を増やすと良いでしょう。

食べ物の機能別分類から考えるテーラーメイド栄養学の記事まとめ

テーラーメイド栄養学とか言われると少し難しい感じがしますが、要は食品や食材の持っている特徴と体調を組み合わせるだけのことです。

 

体調や体質、季節ごとの簡単な摂取法をまとめた部分もあるので、それを参考に何を食べるのかを考えると良いでしょう。

 

特に子供や高齢者は季節の変化や体調によって、健康を悪化させることも多いので、健康で丈夫に過ごすためには、普段の食事での栄養補給が大切です。

 

子供がの身長を伸ばすという意味でも、普段から健康で過ごすことが非常に大切なこと。

 

テーラーメイド栄養学までいかなくても、食材を買ってきて自宅で調理したものを食べさせるだけでも大きく変わりますよ。

 

ちなみにお酒を飲む人は陽性のアルカリ性食品を増やし、運動後には陰性のアルカリ性食品を増やすのが良いでしょう。

 

最初はわからないことも多いですが、逆の状態を作るものを選ぶのが大切なポイントですので、それを基本に食品選びを意識してくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。