子供の頃から肥満体型やぽっちゃり体型だと身長が伸びにくいとか、身長が伸びないで止まってしまうと言われていますが本当なのでしょうか。

 

幼児期や学童期の体型が子供の成長にどのような影響を与えるのかについて医学的な意見を踏まえて解説します。

 

少しでも子供の身長を伸ばしたいのなら、標準体型くらいまでに留めておいた方が良いと思いますよ。

肥満体型やぽっちゃり体型で身長が伸びなくなる理由は?

誰もが望んで肥満体型やぽっちゃり体型になるわけではないと思いますが、太り過ぎは子供の健康や成長にとっても悪影響を及ぼしますので、できるだけ早い段階で改善してあげたいところ。

 

身長が伸びなくなる理由としては、脂肪細胞の多さによる性ホルモンの分泌量への影響でしょう。

 

脂肪細胞は体内最大の性ホルモンの受容体。

標準体型に比べて脂肪細胞の多い肥満体型やぽっちゃり体型の場合、それだけ大量の性ホルモンを分泌してしまうことになります。

 

性ホルモンの分泌量が増えるということは、それだけ性成熟が進んでしまうということであり、成長期や思春期の到来時期を早めることに。

 

成長期や思春期は早く来る早熟化は、子供の身長の伸びを止めたり、伸びる期間を短くすることで低身長の原因になります。

 

太っているということはそれだけ身長が伸びにくい環境であることを理解して、できるだけ標準体型くらいに留めることが大切でしょう。

 

そもそもなぜ子供が標準体型やぽっちゃり体型になるのでしょうか?

子供の標準体型やぽっちゃり体型は食事と運動のバランスの悪さ

大人も子供も肥満体型やぽっちゃり体型になる理由は簡単で、食事量と運動量のバランスが悪いから。

 

摂取カロリー<消費カロリーなら太りませんが、摂取カロリー>消費カロリーだと着実に脂肪に変わって太ってしまいます。

 

大人よりも身体を動かす機会が多い子供で太っている場合には、明らかな運動不足か、食べ過ぎを疑うべきでしょう。

 

最近の子供はスマホやタブレットなどで遊ぶことが増え、昔のように公園や学校で駆け回る機会が減っていますし、食事もインスタント食品や冷凍食品が増えています。

 

さらにおやつにスナック菓子や炭酸飲料を飲んでしまうと、明らかに摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしてしまうのも納得できるでしょう。

 

子供は自分で食事内容を決めることができないので、病気以外で太っている子供の場合は、親の責任や管理能力に問題があるということもできます。

 

非常に厳しい話かもしれませんが、そのような生活習慣を続けていると、将来的にも様々な悪影響が出てしまうので注意しましょう。

 

すでに子供の肥満外来や生活習慣病に対するガイドラインなども制定されていますので、太っている子供が増えているということを理解してください。

 

もしすでに太っている場合には、どのような方法で痩せるのが良いのでしょうか。

低身長になりにくい子供のダイエット方法とは?

太っている子供が間違った方法でダイエットを行ってしまうと、身長の伸びや健康に悪影響を及ぼしてしまいますので、正しい方法を知っておく必要があります。

 

まず絶対にやってはいけないダイエット方法は、食事制限だけで痩せようとすること。

 

確かに食事量が減れば自然と蓄積した脂肪細胞を消費していきますので、結果としてダイエットには成功するでしょう。

 

しかし幼児期や学童期にそのような方法で痩せると、身体の成長に必要な栄養素が不足することで、身長の伸びが鈍化したり止まってしまうこともあるでしょう。

 

痩せても身長が伸びなくなってしまうのでは、本末転倒ですよね。

 

身長に影響を与えずに痩せる方法は、運動量を増やして食事での摂取カロリーを抑制すること。

 

食べないのではなく食べるものの質を変えることで、摂取カロリーや脂質を抑えるという考え方が必要です。

 

肉類でも脂肪やカロリーの少ない赤みや胸肉などを選んだり、脂肪の多い部分を取り除いたり、鶏肉の皮を剥がして調理するなども良いでしょう。

 

鶏肉を食べる際には唐揚げではなく、煮物にしたり焼き鳥のようにすることで余計な脂を落とすのも方法の調理方法として有効的です。

 

運動面では激しい運動を一時的に行うのではなく、週に3〜4回、30分以上は続けられるような運動習慣を身につけるようにしましょう。

 

有酸素運動を続けることで、身体への負担も少なく消費カロリーを増やすことができますので、継続的に消費カロリーを増やせるようにしてください。

 

短期的に痩せるのではなく、半年や1年かけて徐々に痩せていくようなダイエット方法を実践すべきだと理解しておくと良いでしょう。

太っている子供は運動不足や運動オンチにもなりやすい

子供の身長を伸ばす際には、体を動かすことが基本ですので、太っている子供に多い運動オンチによる運動不足はできるだけ避けたい部分。

 

子供の運動能力の良さは、幼少期からどれだけ身体を動かす機会が多かったのかということの影響を受けます。

 

太っている子供は元々、良い運動習慣を身に着けていない結果であり、そのまま成長していけば運動が苦手になるのも仕方がない話。

 

子供は苦手意識を持つとなかなかやろうとしなくなりますので、体を動かすことに関してネガティブな印象を持たせないことが大切です。

 

身体を動かす機会が増えたり、身体を動かすことが楽しいという思い出や印象をもたせてあげると、自分で普段から動かすようになるのでそういった部分も考えてあげてください。

 

アウトドアやバーベキュー、アスレチックなどの遊びや楽しい体験を通じて少しずつでも身体を動かす機会を増やすのも方法のひとつ。

 

インドア派でゲームばかりやっているような子供なら、椅子をバランスボールにしてあげるだけでも良いでしょう。

 

インナーマッスル(体幹)が鍛えられれば、基礎代謝量がアップして消費カロリーが自然と増えますので、痩せやすく太りにくい体質に変わっていきます。

 

お子様の状況に合わせた方法を選んであげてください。

肥満やぽっちゃりの子供の身長が伸びにくいの記事まとめ

大人も子供も太り過ぎは良くないですが、成長前の子供にとって肥満体型やぽっちゃり体型は、一切メリットのないこと。

 

身長も伸びずに、健康状態も悪化するし、将来的な病気のリスクも高まります。

 

幼少期から身についた生活習慣を大人になって改善するのは本当に大変なことですので、早めに良い生活習慣に改善してあげてくださいね。

 

太った体型のままで身長が伸びなければ、チビとデブは確約されたものかも知れませんので、人生のデメリットの多さも考えてあげてください。

 

遺伝だからとか家系だから太るのではなく、普段の食生活や生活習慣が太りやすいものだから太ってしまうということを理解してくださいね。

 

まずはお母さん主体でできる食事の質の見直しから始めるのが良いと思いますし、高タンパク質低脂肪の食習慣に改善するだけでも、成長に必要な栄養補給ができて、身長が伸びやすくなるかもしれませんね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。