疲れやすい人や体がだるいと常に感じている人におすすめの食品や食材には何があるのか知っていますか?

 

疲労感や体のだるさの原因から考えると、疲労回復におすすめの栄養成分はビタミンB1と鉄分かもしれません。

 

どのような食品や食材に含まれているのか、万病の元になりかねない疲労回復に役立つものを紹介します。

不快な疲労感が蓄積されると病気の原因になることもある

疲労感にもいくつかの種類があり、運動やスポーツを行った後に感じる一時的な心地よい疲労感と、慢性的に続く不快な疲労感に分類することができます。

 

心地よい疲労感の場合は、ほとんどの人が1〜2日もゆっくり休めば回復しますが、不快な疲労感の場合、何日経っても回復せずに疲れが取れにくくなります。

 

不快な疲労感を感じやすいのは、肉大抵な疲労感が蓄積しているタイミングで、嫌な仕事を任せられたなどの精神的な疲労感が加わった場合。

 

不快な疲労感の先に待っている症状には、

全身のだるさ、やる気の出ない脱力感、首の痛みや肩こり、食欲不振などですが、これらの根底にあるのが脳の疲労感だと言われています。

 

不快な疲労感が続くと、免疫力も低下し、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなったり、生活習慣病のリスクが上昇するなどどんどん回復できないような疲労感に陥っていくでしょう。

 

人間は心地よい疲労感で死ぬことはありませんが、不快な疲労感が続くと過労死のようにぽっくり死んでしまうこともあるので注意が必要です。

 

慢性的な疲労感は、慢性疲労症候群かもしれません。

慢性疲労症候群とは?どのような症状の病気なのか?

慢性疲労症候群とは、これまで普段どおり過ごしていた人が、ある日突然原因不明の激しい全身倦怠感に襲われ、健全な社会生活が送れなくなる非常に恐ろしい病気のこと。

 

慢性疲労症候群の患者さんは、どれだけ休養しても披露が回復せず、6ヶ月以上にわたって症状が続くといわれていますので、下記症状が続く場合には注意が必要でしょう。

 

症状としては、強度の疲労感、微熱や頭痛、筋肉痛や脱力感、思考障害や抑うつ等の精神疾患的な症状が出て日常生活が送りにくくなります。

 

2000年頃に行われた調査でも、日本人の35.6%が慢性的な疲労感を感じており、生活に障害がある人が5.2%もいることがわかっていますので、すでに国民の中には発症している人も多い疾患。

 

病院での検査でも慢性疲労症候群と診断される人は0.3%も確認されており、日本の人口から考えるとすでに36万人ほどもいる可能性があります。

 

この調査が行われて20年弱が経過していますが、2017年の追跡調査では患者数は約30万人で、病院での治療を行っても4分の1が改善しないことも確認されており、まだまだ治療方法が確立されていない状況。

 

慢性疲労症候群の患者さんは検査をしても特に以上が見つからずに、原因解明も進んでおらず、免疫異常や未知のウイルス感染の可能性があるとも言われています。

 

こういった症状になることもあるので、たかが疲れやすい体質とか、体がだるいだけとか放置せずに、症状が悪化する前に病院での検査や治療を行って症状を悪化させないことも大切。

栄養不足によって起こる疲労感もある。

疲労感を感じたり、体のだるさが続くようなら体を休めることに合わせて、栄養不足を疑ってみることも大切です。

 

栄養不足になると疲労感を感じやすいのは、ビタミンB1と鉄分など不足によるもの。

 

無意識な偏食だったり、食事制限を伴うダイエットを行っていたり、高齢者で食事量が減っていたりしないか考えてみてください。

 

栄養不足の可能性があるなら、ビタミンB1や鉄分を多く含む食品や食材を多く食べるようにして、栄養状態を改善する必要があります。

糖質をエネルギーに変換するビタミンB1

ビタミンB1には、体内に入ってきた糖質を分解してエネルギーを生産する際に補酵素として使われますので、不足することでエネルギー不足による疲労感を感じやすくなります。

 

子供と違って大人の場合は、アルコールの分解にもビタミンB1は使われているので、飲酒量が増えたことで、ビタミンB1不足になっている場合もあるでしょう。

 

ビタミンB1は豚肉に多く含まれていますが、豚肉はカロリーや脂質が多いので、脂肪の少ない赤身、調理の際に脂肪を取り除く、茹でてしまうなども調理方法の工夫も必要です。

 

もしソテーするなら、フライパンではなく魚焼きグリルを使うことで、余計な脂肪分を取り除くことができるでしょう。

 

また豚肉のビタミンB1は、アリシンと一緒に摂取することで吸収率が向上しますので、ニラやにんにくと一緒に食べるのもおすすめ。

 

ニラやにんにくにはエネルギー産生量を増やすケンフェロールも含まれていますので、エネルギー不足による疲労回復を促進してくれるでしょう。

酸素不足による機能低下を防ぐ鉄分

鉄分は血液中で酸素を運ぶ役割があり、不足することで酸素不足による全身の機能低下やだるさ、めまいや息切れを引き起こします。

 

特に女性の場合は毎月の生理や月経による鉄分不足や、無理なダイエットによる潜在的な鉄分欠乏症を発症している場合もあるので注意が必要でしょう。

 

貧血の人の8〜9割が鉄分欠乏症だと言われていますので、普段から鉄分の多い食品や食材を食べることが大切です。

 

鉄分は、レバーやほうれん草、菜の花やひじきなどに含まれていますので、普段の食事で食べるようにしましょう。

 

階段を登ったり、駆け足をするだけで動機や息切れのような症状が出る場合は、体内の酸素供給量が減少している可能性が高いので鉄分欠乏症を疑ってください。

 

鉄分には肉類のレバーやマグロの赤身などに多く含まれるヘム鉄と、タマゴや乳製品のほか、大豆やヒジキなどの海藻類などに含まれる非ヘム鉄があります。

 

非ヘム鉄は吸収率が低いですが、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率をアップさせることができますので、食材の組み合わせにも注意しましょう。

 

鉄分不足を市販のサプリメントで補おうとして、過剰摂取が続くと胃腸障害や便秘、下痢などの症状を引き起こすこともありますので、安易な摂取は注意してください。

疲れやすい・体がだるい人におすすめの食品や食材の記事まとめ

疲れやすい人、体がだるい人の中には、不快な疲労感を感じ続けて、慢性疲労症候群を発症してしまう人がいることを知っておきましょう。

 

慢性疲労症候群は現在でも明確なガイドライン(治療指針)がなく、現場の医師も治療方法に悩んでいるほど。

 

疲れやすい人や体がだるい人が、大人だけではなく子供にも増えていますので、少しゆとりのある生活習慣を実践したり、栄養面の見直しについて考えることも大切でしょう。

 

エネルギー不足を解消するためには、すぐにエネルギーに変わるはちみつや漢方薬の材料にも使われるクコの実を日常生活に取り入れることもメリットがあるでしょう。

 

クコの実はクコ茶で飲むと手軽に摂取できますし、はちみつでもマヌカハニーのようなものであれば、インフルエンザに対する効果も確認されている状況。

 

いずれにしても、単なる疲労感やだるさということで放置せずに、体内に蓄積しすぎる前に解消させておくことが必要です。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。