男子高校生になって身長が急激に伸びる人もいれば、高校生になった途端、身長が伸びずに止まってしまう人もいます。

 

高校生という時期は、

男性が身長を自然に伸ばすことができる最後のチャンスですから、その時期を有効的に活用することが必須でしょう。

 

少しでも身長を伸ばすためにはどうするべきか、男子高校生が意識すべきこと、注意すべきことを解説しますので、参考にしてください。

男子高校生で背が伸びないのは骨端線の閉鎖の影響

男子高校生は身長を伸ばすことができる最後のチャンスというのは、骨が伸びる仕組みである骨端線との関係性から。

 

骨端線とは骨が伸びる仕組みのことで、

加齢とともに徐々にその幅が狭まり、いずれ閉鎖してしまうことで骨の伸びが止まり、身長が止まってしまう仕組みのこと。

 

骨端線が閉鎖しなければ人間は生きている限り身長が伸び続けるので、それはそれで困ったことになりますが、閉鎖時期が早いのも問題になります。

 

一般的に骨端線は、男子は17〜18歳、女子は15〜16歳に閉鎖すると言われていますので、男子高校生が身長を伸ばすことができるのが最後のチャンスというのはこのことから説明できること。

 

骨端線の状況は男子高校生になってから改善できることではないので、すでに閉鎖している人や、幅が狭くなっている人だと、身長の伸びは期待できないでしょう。

 

高校生で急激に身長が伸びるタイプは、

晩成型の子供ですので、これも幼少期からの生活の積み重ねや遺伝的要素が関係していますので、こういった体質に関わる部分も変えることは出来ません。

 

男子高校生になれば、いずれ身長が伸びなくなるということは全員が理解して、骨端線が完全に閉鎖するまでの伸び率を改善することが必要でしょう。

男子高校生が身長を伸ばす方法は?

男子高校生の3年間で身長を伸ばしたい

そのためには高校1年生の時期から、どれだけ身長の伸びによい生活習慣で過ごしているのかということが重要になります。

 

後天的に身長を伸ばす要素としては、睡眠・運動・食事・ストレス状態が重要だと言われていますので、それを意識した生活が必要でしょう。

 

特に慢性的な睡眠不足&ストレス過多で成長ホルモンの分泌量が減少したり、その質が悪化している子供が増えていますので、その状態は改善すべきでしょう。

 

成長ホルモンがしっかり分泌されなければ、骨の骨端線での細胞分裂が活性化されずに、あっという間に閉鎖してしまいますので、それを予防・改善することは必須のこと。

 

高校生の3年間で身長を伸ばすためにも、

身体の中にある身長を伸ばす仕組みをしっかり機能させること、それを促進するような生活習慣で過ごすことが最も大切です。

 

睡眠時間を増やすこと、規則正しい睡眠習慣を手に入れることは、お金をかけずにできることなので、まずはその点を改善してみるのが良いでしょう。

 

ストレス状態を改善するためにも

毎日湯船に浸かるようにすることで、疲労回復や血流改善効果も期待できますし、深部体温が上昇することで、寝付きも改善されますので、湯船に浸かることは睡眠の質を改善する意味でもメリットがあること。

 

まずはそういったことを実践してみることも大切ですが、男子高校生には残された時間も短いので、いくつかのことをまとめて実践することも大切です。

男子高校生もあっという間に背が伸びない状況になる

ほとんどの子供が高校生になった頃には、身長が伸びにくい状態になっていますので、残された時間との勝負だということを理解しておきましょう。

 

悠長に構えていると、

数ヶ月が過ぎてあっという間に身長が伸びない状態になってしまう人もいますし、中学生の3年間を比較すれば、ほとんどの子供が思ったほど背が伸びないでしょう。

 

そういった状況であることを事前に理解して、少しでも身長の伸びによいと言われることを早めに実践することが必要ですし、いくつかのことを組み合わせるのも大切なこと。

 

何が原因で身長が伸びたのか?

それを考えるよりも、身長が伸びた理由を優先するのではなく、身長が伸びたという結果を優先して考えましょう。

 

身長が伸びる要素は遺伝も含めれば5つもありますし、どれかひとつを改善するよりも、いくつかまとめて改善した方がより効率的に背が伸びます。

 

残された時間は本当に僅かですので、

そのことを十分に理解して、できることから実践してくださいね。

 

ちなみに食事でもサプリメントでも良いので、良質なタンパク質を摂取することで、ホルモンの合成もスムーズに行われ、骨の成長に必要な栄養補給もできます。

 

動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方を組み合わせて、栄養状態を改善してあげることも、身長を伸ばす際には重要なことですので、その部分も意識しましょう。

男子高校生が身長を伸ばすために必要なことの記事まとめ

骨が伸びる仕組みの骨端線。

男性の骨端線の閉鎖が起こるのが、ちょうど高校生の3年間ですので、この期間をどう過ごすのかは、本当に大切なこと。

 

骨端線が完全に閉鎖する前に少しでも骨の成長に役立つことを実践すべきですし、身長が効率的に伸びる環境を手に入れるべきでしょう。

 

それが出来なければあっという間に背の伸びが止まる。

 

このことをしっかり理解してください。

私の息子も高校生になって急激に身長の伸びが鈍化し、3年生になった頃にはほとんど伸びない状態になってしまいました。

 

そうなってからでは遅いので、少しでも早めに対策を行って、高校生の3年間でも10〜15cmほど伸ばせるようにしてあげましょう。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。