背が低いことが原因で様々な悩みを抱えている中1男子が今すぐに改善すべきことはなにか知っていますか?

 

背が低いのは今だけのことではなく、

今すぐにその状態を改善しなければ、そのままの身長で止まってしまい、将来的な低身長のリスクを高めるきっかけになることもあります。

 

低身長のリスクを回避し、少しでも身長を伸ばす可能性がある方法を紹介しますので、悩みの改善や、現状を打破する際の参考にしてくださいね。

背が低いのは遺伝ではなく生活習慣で変わる!

中学1年生で背が低いと、

いじめやからかいの対象になったり、周りよりも小さいことで劣等感を感じてしまったり・・・様々な悩みや問題を引き起こすきっかけになることもあるでしょう。

 

ご両親の身長が低く、

自分もそのような状態で悩んでいると、遺伝だから仕方がないと親を恨んでしまうかもしれませんが、それは少し間違っています。

 

身長に対する遺伝の割合は25%ほど。

残りの75%は先天的要素ではなく、後天的要素(生活習慣や食習慣、運動習慣)で決定しますので、中学1年生ならまだまだ改善できます。

 

しかしこのままの状態で過ごしていると間違いなく、今の成長曲線で身長が伸びていくことになりますので、将来的にも急激な伸びを期待することはできないでしょう。

 

後天的要素が身長の高さの75%を決めるのであれば、それを改善することで、今までの身長の高さは変えられませんが、これからの伸びは改善できるということ。

 

しかも中1ならまだ伸びる。

身長の伸びが周りの友達よりも悪い子供でも、中学3年生までの残り2年間は十分に伸ばすことができる可能性が高いので、遺された期間での伸び率を改善することを目指しましょう。

 

中学生での身長の伸びが変わり、

今よりもキレイな成長曲線を描くことができ、将来的には5cm〜10cmも最終身長が変わる可能性もありますよ。

 

どのようなことを改善すべきなのかという部分について、簡単に解説したいと思います。

身長が伸びる要素から考える背が低い中1男子の改善点は?

身長の高さを決定する要素は全部で5つ

 

  • 睡眠習慣
  • 食習慣
  • 運動習慣
  • ストレス状態
  • 遺伝的要素

 

中学1年生で身長が低いということは、

この全てにおいて改善する必要があるということで、これらの要素を改善できなければ、身長の伸び方を変えることはできません。

 

最近の子供は小学生から睡眠不足+運動不足+栄養不足+ストレス過多というどう考えても身長が伸びにくい状態で過ごしているので、低身長で悩む子供が多いのも納得できます。

 

子育て世代のご両親も仕事が忙しく、

家事に育児に時間を取られてしまい十分な愛情を注いであげることも難しく、それが身長の伸びにも悪影響を与えていることも理解すべきでしょう。

 

ここで理解すべきことは、

今の生活環境全般を改善しなければ、将来的に高身長になる可能性が限りなく低いということ。

 

男子の成長期は中学生から高校生ではなく、最近は小学校5年生から中学3年生の春くらいまでに早まっています。

 

身長を伸ばすことができる時間がすごく限られていることを理解して、積極的に改善してあげるべきでしょう。

中1男子は成長ホルモンの分泌量を増やすと背が伸びる!

成長期に身長が急激に伸びるのは、

成長ホルモンの分泌量が増加し、骨の骨端線での細胞分裂が活性化されるから。

 

中学1年生から中学3年生までに身長の伸び方や伸び率を改善したいのであれば、成長ホルモンの分泌量をどう増やすかを考えるべきでしょう。

 

成長ホルモンが分泌されるタイミングは、

 

  • 就寝後3時間
  • 運動開始15分〜運動終了後3時間
  • 食後

 

というタイミングですので、

分泌されるタイミングを増やすことと、それぞれのタイミングで分泌される量を増やすことが大切です。

 

もしあなたが慢性的な睡眠不足で、運動習慣もなく、朝食抜きの食生活で過ごしていれば、それだけ成長ホルモンの分泌量を抑制してしまっているということ。

 

そのような生活習慣で過ごしていれば、

背が低いのも当然の結果ですし、これから先も身長の急激な伸びを期待することはできません。

 

根本的にそのような生活習慣を改善して、成長ホルモンの分泌量を増やすことができる生活習慣に切り替えるようにしてください。

 

早寝早起きの生活習慣で過ごし、

朝ごはんをしっかり食べてから学校に行く。

 

運動習慣がない場合は、

階段を歩くようにしたり、家でバランスボールを椅子代わりに使用することでも良いでしょう。

 

体を動かすことで適度な疲労感を感じて睡眠の質が上がり、お腹が空いて食事量が増えますので、運動をひとつのきっかけにするのが最も簡単でしょう。

 

早寝早起きができないのなら、

まずは早起きからはじめれば、自然に夜は眠くなりますので、早く寝るよりも先に早起きすることを優先すると睡眠習慣の改善は簡単かもしれません。

 

身長が伸びない原因はわかっているので、生活習慣を改善して、少しでも身長が伸びやすい環境を手に入れることを優先してください。

栄養補給で成長ホルモンの分泌量や伸び方が変わる

成長ホルモンを分泌するためには、

原材料になるタンパク質(アミノ酸)がなければ、ホルモンを体内で合成することもできません。

 

成長ホルモンの分泌に影響を与えるアルギニン。

普段の食事で大量に摂取することが難しいですが、アルギニンをしっかり接収できなければ、成長ホルモンの合成をスムーズに行うことはできません。

 

成長ホルモンが分泌されたとしても、

骨を伸ばしたり、筋肉や血管を作るためにも大量のタンパク質が必要になりますので、それが不足している状態では、身長が伸びにくい状態は変わらないでしょう。

 

このあたりのことを別々に考える人もいますが、身長を伸ばす要素は複雑に絡み合っていますので、なにか1つだけを改善すれば劇的な変化があるというわけではありません。

 

身長が伸びない原因が明確になっていれば別ですが、外から見た状態では何が原因で伸び悩んでいるのかはわかりませんよね。

 

もし原因がわかったとしても

ひとつだけを改善するのではなく、身長が伸びやすい環境をしっかり作ってあげればその方がさらに伸びやすい状態になります。

 

そういったことをしっかり理解して、体を作る根幹になる栄養補給も忘れないでください。

少食や偏食の中学1男子には身長サプリメントもおすすめ

少食や偏食だと成長に必要な栄養補給を行うことができませんので、それを改善するだけでも身長を伸ばす効率は大きく変わります。

 

特に中学1男子は身長が最も伸びるタイミングですので、その後の1年間や2年間をどのような栄養状態で過ごすのかは非常に大切なこと。

 

中1女子だと見た目や体型が気になって、

あえて食事量を減らして、ダイエットをしているという人もいますので、効率よく栄養補給を行うことが非常に大切です。

 

そんな時に活用できるのが身長サプリメント。

栄養豊富な身長サプリメントを選んで、普段の食事に追加して摂取させることで、栄養状態を改善して、身長の伸びを栄養面からサポートする。

 

最低でも3ヶ月〜6ヶ月飲み続けると、

栄養状態が改善されて身体の内側から徐々に変化が起こってくるでしょう。

 

身長サプリメントを飲むことは栄養面の変化だけではなく、本人の意識改善にも役立ちますので、お金をかけて環境を変えてあげることはメリットが有ります。

 

成長期が終われば身長を自然に伸ばすことができませんので、身長サプリメントなどもうまく活用して、効率を改善してあげることが望ましいでしょう。

背が低いと悩んでいる中1男子が今すぐに改善すべきことの記事まとめ

背が低い状況でも中学1年生ならまだまだ改善できる時期であることを理解して、身長が伸びにくい環境を改善してあげることが大切です。

 

身長が伸びないのは遺伝的要素ではなく、

普段の生活習慣や食習慣などの影響を受けいるからですので、身長の伸びに悪い影響を与える環境を改善してあげることを優先してください。

 

中1男子で背が低いのなら、

いまその状態を改善しなければ将来的にも低身長のまま悩み続けることでしょう。

 

そんな状態に陥らないためにも、成長ホルモンの分泌量を増やし、栄養補給を徹底し、場合によっては身長サプリメントも活用する。

 

そうすることで中学生での身長の伸び方を改善できれば、将来的な身長の高さが5cm〜10cmも変わる可能性は十分にありますので、後悔しないように親子でしっかり取り組んでくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。