ネット上で子供の身長に関する情報をチェックしていると見かけることが多いのが、子供の身長は9歳までの成長でほとんど決まってしまうという情報。

 

確かにこの9歳までの身長の高さが最終身長に影響するという噂の根拠はわかりますが、それが全てではないということも事実でしょう。

 

なぜ9歳までの成長が大事なのか、最近の子供のおかれている環境から考えられるこの理由について徹底検証したいと思います。

 

少しでもお子様の身長を伸ばしたいと考えているのなら、早い段階から身長の高さについて考えてあげることは非常に大切なことですよ。

9歳までの成長が子供にとって大切な理由とは?

9歳までに成長させることが最終身長の高さに影響する理由はいくつか考えられますが、最も大きな理由のひとつが、成長期の身長の伸びには限りがあるということでしょう。

 

最近の小学生の身長の傾向としては、

思春期や成長期の到来時期がどんどん早まっており、特に小学生女子の多くが9歳や10歳で成長期に突入するという部分。

 

成長期になると男子は25〜35cm、女子は20〜25cmほど身長が伸びると言われていますので、その時期までにどこまで身長を伸ばしておけるのかということが非常に大切になります。

 

9歳の段階で大きく成長している子供と、

まだまだ身長が伸びていない子供を比較した場合、成長期での身長の伸び幅がほぼ変わらなければ、最終身長が高くなるのは9歳でも高身長だった子供ですよね?

 

だからこそ、9歳までの成長が非常に大切だと言われているといういうわけ。

 

この考え方は間違っていませんし、

9歳までに成長しているということは、それまでの生活習慣も身長が伸びやすいものだったということ。

 

こういった考え方をすれば、この考え方が間違っていないことが簡単に証明できます。

 

ただそれだけでは子供の最終身長の高さは決まりませんので、さらに注意したい点や意識すべき点を紹介すると・・・

9歳時点で思春期や成長期を迎えている可能性もある

これは以外な盲点かもしれませんが、

最近の子供には思春期早発症という成長期や思春期の到来時期が異常に早い子供がいますので、もしそうだとしたら9歳で高身長でも将来的な身長は低くなってしまうでしょう。

 

なぜ思春期早発症だと将来的に低身長になるのかといえば、単純に思春期や成長期の身長が伸びる時期が前倒しされているだけだから。

 

思春期や成長期は一度始まってしまうと、通常は前半の3年で急激な身長の伸びが起こり、その後一気に伸び率が鈍化してしまいます。

 

9歳時点で高身長でも思春期早発症を発症しているのなら、男子でも小学校を卒業する頃には身長の伸びが大幅に鈍化して止まってしまうでしょう。

 

これでは全く意味がありませんよね。

特に女子の思春期早発症は男子よりもわかりやすく、初潮や生理が小学校低学年で始まってしまうこともありますので、そういった症状が出た場合には病院での検査及び治療が必須。

 

もし何もしなければ、140cm台という低身長で過ごさなければならないこともありますので、これは非常に残念なことだと思いませんか。

 

こういった子供が多いわけではありませんが、以前に比べて増えている傾向がありますので、9歳で高身長でも体の変化をしっかりチェックしてあげてください。

9歳以降に生活習慣を大きく変えないことが大切

9歳までにすでに高身長の場合は、

子供の生活習慣が身長が伸びやすい状態であるということですので、それ以降に悪い生活習慣を身に着けさせないことも大切です。

 

小学校高学年や中学生になる頃には、

夜更かしが増えたり、友だちと過ごす時間も増えることで、生活習慣がこれまでとは変わりやすい状態になります。

 

特に大切なのは睡眠習慣と食習慣。

夜更かし型の睡眠習慣になってしまったり、慢性的な睡眠不足の状態が続くことで、成長ホルモンの分泌量が悪化して身長の伸びが鈍化することもあるでしょう。

 

また食事内容がインスタント食品やジャンクフードばかりになると、成長に必要な栄養補給が十分にできずに、身長の伸びが鈍化することも考えられます。

 

9歳までの良い生活習慣を維持することが、成長期を通じて身長をしっかり伸ばし続けることに繋がりますので、9歳の段階で身長が高いからと安心しないことも大切ですよ。

 

9歳以降は運動量も増えますし、

大人の身体に変化するためにも大量の栄養素がバランスよく必要になりますので、質の良い栄養補給を続けてあげることが必要ですし、それができないと身長の伸びに悪影響が出ると理解しておくべきです。

9歳までに子供の身長を伸ばす基本的な考え方と方法は?

最後に9歳までに子供の身長を伸ばす方法を紹介しておくと、基本的なことは食事での栄養補給がしっかりできているのか・・・という部分です。

 

9歳以降の年齢では成長ホルモンの影響を受けますが、それ以前の段階では食事での栄養補給が基本。

 

これは授乳期から始まる子供の栄養状況の影響をずっと受けて、今の身長があるということを理解すべきです。

 

だからもし9歳の段階で周りの子供よりも低身長なら、食事での栄養補給が十分ではない可能性が高く、それを改善しなければ将来的にも低身長であるということ。

 

また思春期や成長期の到来時期を遅らせるためにも、規則正しい睡眠習慣で毎日熟睡することも大切です。

 

慢性的な睡眠不足は性ホルモンの分泌量を増やし、子供の性成熟を早め思春期や成長期の到来時期を早くしてしまいますので、将来的な低身長のリスクを高めると理解しましょう。

 

子供の最終身長を決める要素は、睡眠・運動・食事・ストレスと、先天的な遺伝的要素の5つですので、このことをしっかり理解して幼少期からの生活習慣を考えてあげてください。

9歳までの子供の成長が最終身長に大きく影響するの記事まとめ

一般的には9歳までに高身長になれば、その後も順調に身長が伸びやすい状態であることには間違いないでしょう。

 

しかし今回紹介したように、思春期早発症という可能性もありますし、その後の生活習慣の変化が身長の伸びに悪影響を与えることもあります。

 

成長期や思春期で伸びる身長の幅はほぼ決まっていますので、それ以上の急激な伸びも期待すべきではありません。

 

9歳までに順調に身長を伸ばすことが大切だというのは間違いのないことですし、子供の身長は毎年の積み上げが非常に大切なこと。

 

最近の小学生や中学生には、

身長が伸びにくい生活習慣で過ごしている子供が増えていますので、少しでも高身長にすることができるように、9歳までとその後の伸びをチェックしてしっかりサポートしてあげてくださいね。

 

子供の成長を少しでもサポートしたいと考えるお母さんに人気なのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる商品。

 

実際にどんな特徴があるのか?

本当に子供の成長に役立つのはどれなのか?

 

専門家が身長サプリメントの情報をまとめた記事がありましたので、それを参考にチェックしてみると良いでしょう。

 

背が伸びるサプリ&身長サプリメントランキング10選@追クリ調べ

 

栄養面のサポート効果が期待できる商品を選ぶことが、身長サプリメントや背が伸びるサプリメントの基本的な選び方。

 

正しい知識を持って少しでも良い商品を探してあげることが、将来的な低身長のリスクを回避することに繋がりますよ。